自作、Talboのピックガード その1

うちのTalbo A-100(詳細はこちら)は3シングルなのですが ここにきてssh(シングル2つにリアハム1つ)に変更したくなってきました。 でも、Talboのピックガードって市販されていないようですし 諦めるか、あるいはリアにシングルサイズのハムバッカーを積むか・・・ そんな先日、何気なく立ち寄ったホームセンターにて こんな製品を見かけました。 『フォーレックス』…

続きを読む

アコギのサドル交換

約2年前にリサイクルショップで購入した、80年頃製造のCat's Eyes CE-200(詳細はこちら)のサドルを交換してみました。 元々付いているものはプラスチック製、今回購入したのはPICKBOYさんの牛骨サドル、NS-No.10Sです。 上記画像の通り長方形のものなので、ギターに合うようサドルを曲線に削る覚悟はしていました ・・・が、実はこれ、サイズが違い…

続きを読む

勉強用テキスト

ギターリペアについていろいろ検索していたら、こういうサイトに巡り会いました。 ギターワークス http://www.guitarworks.jp/ 早速カタログ(無料!)の発送をお願いして、毎日眺めています。 なるほど、ギターのリペア用工具ってこういうところで購入できるのですね。 (リペア用パーツも販売されています) ただ・・・私が一番興味ある …

続きを読む

PhotoGenic SG model お気軽リペア一旦終了

先日よりすっかりこのブログの主役になってしまった借り物ギター、PhotoGenic(フォトジェニック) SG modelのお気軽リペアも無事終了しましたので、今までの経緯を改めてまとめたいと思います。 ・お借りした時すでに3弦ペグのブッシュが欠品だったので、ペグ一式まとめて交換  (2009/01/11 突然の来客 PhotoGenic(フォトジェニック) SGモデル…

続きを読む

PhotoGenic SG model コンデンサ交換

トーンに付ける『コンデンサによる出音変化の実験』も無事終了し、吟味に吟味を重ねた結果PhotoGenic(フォトジェニック) SG modelには国産のフィルムコンデンサ(広島市内の電子パーツ屋さんにて1個40円で購入)を付ける事にしました。確かに定番品といわれるオイルコンデンサの出音も捨てがたいのですが・・・ここはやっぱりCP(コストパフォーマンス)優先という事で・・・ それでは…

続きを読む

トーンに付けるコンデンサ(キャパシタ)の違いって?

ご存知の通り、ギターのトーンにはコンデンサ(海外ではキャパシタ、って言うらしいですね)という電子パーツが付いてます。電子パーツ屋さんに行けば1個50円もしないものから、楽器屋さんで売られている1000円前後のもの、こだわる人の為にもっとお高い製品もあるようで・・・この辺が音に与える影響ってどうなのでしょうか?実は以前から気になっていたのですが・・・いかんせん私は電子系の知識が皆無・・・そ…

続きを読む

PhotoGenic SG model エスカッションを付けてみる

先日、ピックアップ(PU)カバーを外し、所謂『オープンハムバッカー』化したPhotoGenic(フォトジェニック) SG modelですが、さすがにこのままだと強いストロークの際とか、あるいは予期せぬ事態でコイルに対する横からの衝撃を受ける恐れ(すなわち断線)があるので、保護の意味も兼ねて『エスカッション』を付けてみました。使用工具はドライバーのみです。 これならきっと大丈夫♪ …

続きを読む

PhotoGenic SG model オープンハムバッカー化

これは全く個人的な感想なのですが、ハムバッキングピックアップってピックアップ(PU)カバーが無い所謂『オープンハムバッカー』の方が断然格好良いと思っています(くどいようですが個人的感想です)。やっぱりロックって見た目も大事ですし・・・ という事で無事にナット交換も終了したPhotoGenic(フォトジェニック) SG model(以下PGSG)のPUカバーを外す事にしました。 …

続きを読む

PhotoGenic SG model ナット交換

先日、私のメインギターPACIFICA(パシフィカ)112V改のナット交換に『ほぼ』成功したのに味を占めて、今度は先日よりの来客(つまりは借り物ギター、でも改造に関しては所有者の許可を頂いています)PhotoGenic(フォトジェニック) SG model(以下PGSG)のナット交換を行いました。 用意したのはSCUDさんの溝無し牛骨ナット(Gibson Type)、これならば単純…

続きを読む

突然の来客 PhotoGenic(フォトジェニック) SGモデル

先日、知人より『PhotoGenicというエレキギターがあるけど、良かったら見に来ませんか?』という連絡を頂きました。ご存知の方も多いと思いますが、PhotoGenic(フォトジェニック)といえば楽器屋さんよりもリサイクルショップ等で見かける事の多い低価格ギター、ネット等で調べると『意外と使える』or『使えない』という賛否両論なので、これは実際に自分で確かめる良い機会だと、早速知人宅へ向かいまし…

続きを読む

低価格ギターの弱点克服? ナット交換 その後

昨日『低価格ギターの弱点克服? ナット交換』でお伝えしましたように、うちのPACIFICA(パシフィカ) 112V改(詳細はこちら)は無事に新しいナット(なんでも高級ギターにも使用されていると言う人口象牙『TUSQ』)に交換できました。 一応、ナット部分のアップも載せますね。 ・・・こうして見たら、弦間隔(ナット溝感覚)に少々ばらつきがありますが、お気軽ど素人リペアの…

続きを読む

低価格ギターの弱点克服? ナット交換

世界のYAMAHAさん謹製エントリー(初心者)モデルなエレキギター、PACIFICA(パシフィカ) 112Vを昨年4月に購入以来メインギターとして使用しています。このギターって吊るし(買ったまま)の状態でもさほど問題なく使える良いギターだと思います(もちろん自分の好みに合わせた弦高調整等は必要ですが)。更に自分好みにパーツを付け替えたりすると尚一層愛着も湧き、使いやすくなります。こんな私…

続きを読む

Cat's Eyes CE200 ペグ交換しました

以前にもお伝えした、リサイクルショップにて3800円で購入したCat's Eyes CE200(恐らく80年前後製、詳細はこちら)、購入価格を考えるとコストパフォーマンスの高いギターなのですが、少々欠点がありまして・・・チューニングが狂いやすいのです。しかし3800円のギターにお金をかけてペグを交換するのも・・・とだましだまし使っていたところ、フィンガースタイルの名手でありマイミクのミヤ…

続きを読む