オーディオインターフェース前にバッファをつないでみました。

私が昨年末からPC環境入れ替えと共に使用しているオーディオインターフェース
PreSonus AudioBox 22VSLには、ローランド・・・いや、エディロール・・・いや、
今、何て名前でしたっけあそこ?という話は良しとして・・・さんみたいに
Hi-z入力が無いみたいです。
http://www.mi7.co.jp/products/presonus/audiobox22vsl/

画像


フロントはこんな感じですね。


画像


そしてリアはこんな感じです。


勿論、入力ゲイン調整にて対応可能なのでしょうけど、
単純に入力ゲインの調整を行ってギターを22VSLに直接繋いで
PC上のアンプシミュレータ(Guitar Rig)から音を出しても、
どーも納得いきませんでして。

いや、以前のオーディオインターフェースに入力では
ハードのアンプシミュレータ(主にVOX tonelab LE)が
勝手にインピータンス変換してくれたので
気にする必要もありませんでしたから。


そこで本日、実験してみました。


22VSLの前にバッファ(とりあえず手元にあるBOSSのコンパクトエフェクタ使いました)の
有無による、同じ設定のアンプシミュレータで出音はどれだけ変わるのか?

ギターはいつものテレキャスさん。

画像


(※詳細はこちら http://hakoniwa.at.webry.info/201304/article_9.html

DAWはStudio One。

アンプシミュレータはGuitar Rig 4、アンプモデリングはJUMP。


まずはギター → VAL22の場合

画像







ギター → バッファ(BOSSコン) → 22VSLの場合

画像






という違いが出ました。
なるほど、こんな感じなのですね。


※出音に関する個人的な感想はここには書きません。
 書かない理由に興味がある方はこちらを参照願います 
http://hakoniwa.at.webry.info/200901/article_15.html


参考資料

左chセッティング(ストローク)

画像



右chセッティング(パワーコード)

画像



センターセッティング(ソロ)

画像

"オーディオインターフェース前にバッファをつないでみました。"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: