名称未設定くん ブリッジ交換

画像


ジャンク品を元に何度も部品を入れ替えて
もう何がなにやら判らなくなっている、でも汎用性は高いギター、
「名称未設定くん」(詳細はこちら)の
ブリッジを交換してみました。


事の起こりは先日別のジャンク品ストラトモデル2台の
パーツをとっかえ入れ替えしている時に(詳細はこちら
ブリッジの交換が「体感的に」変化が大きく、なおかつ効果的だったからです。


今付いているブリッジがこちら。

画像


ブランド問わず、少し前の低価格品でよく見かけた
サドルに段差の付いたダイキャストタイプ。
元々Craftmanというブランドのギターについていたものです。


こいつから1980年ごろに製造されたTokai Silver Starに付いていたものを
一時期別のギターに付けていたブリッジに載せ換えます。

画像


画像


左が元々、右がTokaiです。
ご覧の通りサドルは左がダイキャスト、右が真鍮。
イナーシャブロックの厚みも違い、当然質量も違います。右の方が重いです。


で、早速交換~♪ と行きたいのですが、

いかんせん1980年代のTokaiといえばオリジナルに近いサイズなので
ごくごく一般的な低価格ギターにはポン付け出来ません。
だいたいアームをボディに取り付けるネジ穴のピッチから違います。

ちなみにサドル幅はアナログノギスでさくっと測って約11.3mm。


というわけで現状のアーム固定用のネジ穴を一旦塞ぎ
新たなブリッジ用のネジ穴を電気ドリルで開けな直しました。


そして装着。

画像


なんかそれっぽく仕上がっています。


では早速、
恒例のアンプシミュレータ(VOX Tonelab LE)を用いた出音比較です。
最初に左から聞こえるストロークはセンターPU、
途中右から入ってくる歪んだバッキングはリアPU
ソロは前半リアPU、後半フロントPUで弾いています。


↓ブリッジ交換前の音




↓ブリッジ交換後の音





これだけ違います、面白いものですよね。


といっても、ブリッジとボディとの重量バランスが実は大事だったりするので
場合によっては(音の狙いによっては)ブリッジの質量を下げるという手も・・・


あるような気がします。

"名称未設定くん ブリッジ交換"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: