DG-STOMP CRUNCH2モードによる出音比較

画像


YAMAHA DG-STOMPのCRUNCH(クランチ)2モードのマスター以外のつまみをすべて『5』に設定、スピーカーシミュレータはAmerican2×2(12インチ2発)、内蔵エフェクターを一切使用しない状態で、うちにあるエレキギターのリアピックアップ(PU)にて同じパワーコードを弾いて出音の比較をしてみました。

※DG-STOMPからPCへの接続などに興味のある方は、こちらを参照願います


↓TopGear BT-IMAIモデル(仮称) : メーカー不明のシングルコイル ギターの詳細はこちら




↓Tokai Talbo A-100 『Talbo(金)』 : ビル・ローレンス(Bill Lawrence)L-250 ギターの詳細はこちら




↓Tokai Talbo AX80D 『Talbo(赤)』 : ディマジオ(DiMarzio)HS-3 ギターの詳細はこちら




↓YAMAHA PACIFICA 112V改 : バルトリーニ(Bartlini)LC-60 ※コイルタップON




↓YAMAHA PACIFICA 112V改 : バルトリーニ(Bartlini)LC-60 ギターの詳細はこちら




↓YAMAHA session II 612P(借り物) : ヤマハオリジナルPU 詳細が無いので代わりの画像と音源はこちら




↓AriaProII フライングVモデル : 恐らくディマジオ(DiMarzio)スーパーディストーション ギターの詳細はこちら




↓Greco EG-800C : PU-2(グレコオリジナル) ギターの詳細はこちら




↓Tokai LS-100 : セイモア・ダンカン(Seymour Duncan)59 ギターの詳細はこちら





あくまでもアンプシミュレータを使用した宅録ではありますが、それを差し引いても出音の違いは充分に判ると思いますので個人的なコメントは他のページ同様遠慮させていただきます。

といいますか個人的にはギターの音はオケに混ぜてなんぼ。と思っていますので、こういうギター単体のサンプル音源って大した意味を感じないのですが、もしかしたら何かの資料になるかもと思い頑張ってアップしてみました・・・結構疲れました。

"DG-STOMP CRUNCH2モードによる出音比較"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: