バンドによって必要な音って変わりますよね。

8/26(日)開催のイベントに向けて、
BOSTONのコピーバンド「PISTON」の一員としてスタジオ入りしてきました。

私以外のメンバーは皆さん様々なバンドで活動されているだけに
練習もスムーズに進みます。

画像



練習場所は広島市西区のスタジオ、クロスロードさん。
ええ、来週のイベント会場です。
アンプもイベント当日と同じ、フェンダーのツインリバーブ。


エフェクターはZOOMのマルチエフェクタ、G1Xon。
曲の途中でアコースティックギターっぽい音が欲しいので、これを使います。

ちなみに切り替えはアコースティック(っぽい音)と歪みの2つ。
歪みの寮はギターのボリュームで調整する方向で。


練習も後半にさしかかり、ちょっとした休憩時間が出来たので
その間を利用して、こちらのギターも試してみました。

画像



結論として、こちらのギターの方がこのバンドに合います。
何と言ってもハーフトーンで音を散らすことで
アンサンブル的に都合の良い音を出せました。


当日はPISTONではこのギターを使います。
そして箱庭楽団では赤い方を使います。


凄く当たり前の事ですが、
バンドによって必要な音って変わりますよね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック