ギターアンプの録音、マイクの位置はどこにする?

前から少しばかり気になっていたので、
あくまでも自分用資料としてアンプシミュレータ(Amplitube4)を使用して、
DAW上にて簡単なシミュレートをした動画を作ってみました。

画像





DAW(Studio ONE3)上で弾いたフレーズをコピー
ギターアンプ(のスピーカ)とマイクの位置だけを変更

1、センターキャップ 至近距離
2、コーン内側 至近距離
3、エッジ 至近距離

4、センターキャップ 少し離す
5、コーン内側 少し離す
6、エッジ 少し離す

7、センターキャップ 結構離す
8、コーン内側 結構離す
9、エッジ 結構離す


アンプシミュレータの設定

画像



使用ギター
最近のメイン、スタインバーガースピリット改

画像



あくまでも個人的な意見としては
5、コーン内側 少し離す が好きです。

やっぱりスピーカとマイクの間には少々の空気があった方が
逸れっぽく聞こえるような気がするものですから。


あ!実際に音源を作成する際には
オケに大まかな音が入った最終段階で
Ampulitube4上でマイクの位置を動かしながら
色々試してます。


なんせAmpulitube4のキャビネット設定って
スピーカの前のマイクは2本、それ以外にアンビエントマイクとか
スタジオの種類とか、そのうえスピーカそのものの変更まで
かなり細かい所まで弄れるので面白いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック