Native Instruments Kinetic Treats 覚え書き

Native Instruments(以下、NI)さんが今年のクリスマスギフトとして
おもちゃ?の音源「Kinetic Treats」を配布してくれていたので
早速ダウンロードしてみました。

と、言葉で書くと簡単なのですが
ここに至るまでは色々ありましたよ。

NIさんのギフトページでメルアド記入して、ダウンロードボタンをクリックしたら、
インストールされたのは「Kinetic Treats」ではなく「Native Access」という
アクティベート管理?ソフトで、そいつを立ち上げて
NIさんから来たメールに書かれていたシリアルを管理画面にてコピペ。

これでやっと「Kinetic Treats」のインストールが始まりました。


インストールも無事完了したので、DAW(うちの場合はStudio One3)起動させ
KONTAKT5 Playerを立ち上げ「Kinetic Treats」を読み込ませようとしたらエラー。


なんかKONTAKT5 Playeのバージョンが古いから云々みたいな感じでした。


こりゃあかん!とControl Center(今までのNIさんアクティベート管理ソフトですね)を
立ち上げてKONTAKT5 Playerをアップデート・・・しようとするものの
何度試してもダウンロードでエラー。あれ?おかしいなぁ???


色々考えて、試しにNative AccessからKONTAKT5 Playerをアップデートかけてみたら・・・


簡単にアップデートできました(´・ω・`)


画像


なんか良く判らない設定画面ですね。
実際弄ってみても良く判りませんでした。


それでもプリセットに雰囲気の良い音が入っていたので
何も考えずにさくっと打ち込んでみました。所要時間約30分。




こういうのんって、音色だけでそれっぽく聞こえるから助かります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック