久々にナットの溝切りなど

画像



私、基本的には自分が使用している(いた)ギターの殆どはナットを交換しています。
これは確かに音質云々もありますが、それと同時にチューニングの安定性とか
演奏性の向上も狙った結果です。


・チューニングを行う際に「キン」という金属音が聴こえる

これはナットの溝が平滑でない。すなわち弦がナットを移動する際に
余計なストレスがかかっている証かと。

・ローポジションが押さえ難い

これは市販品にありがちな、歩止まりを減らすためにマージンを取った結果
不必要にナット近辺ので弦高が上がってしまった結果かと


※これらは私の経験上そう思っている事ですので、正解かどうか判りません。


そういう訳で以前はブランクのナットを購入して溝切に勤しんでいたのですが
これって結構大変な作業なのですよね。気も遣いますし時間もかかります。
ですから最近は手抜き・・・じゃなくて効率を優先して溝切済みのナットを購入していました。

しかし、最近メインで使用している、左用のネックを別途購入して装着した
「ぼくのかんがえた さいきょうのエレキギター(詳細はこちらを参照願います)」は

画像


指板のアールが緩やか過ぎて、一般的な溝切ナットを装着すると
1弦と6弦が指板に当たって使い物になりませんです。


仕方がないので、元々ついていたナットをひっくり返して使用していました。
左用のナットでそんな事が可能なのか?と私も思っていたのですが、
これが意外なほど普通に使えます。

もしかしたらこいつって、実は右用のナットをひっくり返しているだけじゃないの?って
邪推する位普通に使えます。


それでもここ最近、ふと思い立って空き時間を利用して
TUSQのブランクナットを削って溝切ったりしていました。


こんな感じの工具を使用しながら形を整えて

画像



裏面にもアールを付けています。何気に難しい作業ですよね。

画像




数種類のヤスリを使用して、何度も確かめながらゆっくり削って完成。

画像



せっかくなのでナット交換前後の出音比較も行ってみました。

音を出す環境として、オーディオインターフェース経由でPCに取り込み
DAW(Studio One3.2)に録音。アンプシミュレータはAmpliTube 4を使用。
最初にナット交換前の音3種類(クリーン、歪みバッキング、ソロ)を録音しておき
バランスを取ったトラックをコピーして、そのトラックにナット交換後3種類の音を録音しました。


↓ナット交換前




↓ナット交換後





以前のものよりもナットの調整を追い込んでいるので
せっかくなので弦高を落とすとか細々とした調整も行ってみました。

画像


1弦側で1.5mm、6弦側で2mmのピックが落ちない程度の弦高です。
せっかくなので、この状態での音も録音しておきました。





出音に違いに関しては、お聴き頂き判断願います。


最後に記念撮影。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック