【自分用】 GuitarRig5のキャビネット比較 【資料】

あくまでも個人用資料として
GuitarRig5のキャビネットを変更する事で
どの程度音が変わるのか実験してみました。

実験方法として、アンプ(モデリング)はJUMPのまま、
キャビネットのみ変更して出音の違いを比較・・・って思ったのですが
キャビネットによって音量にばらつきがあったので
その部分だけは、あくまでもさくっと調整しています。
それでも音量にばらつきが出ている事はご了承ください。


※GuitarRig5に関する説明は、Native Instrumentsさんのサイトを参照ください。
http://www.native-instruments.com/jp/products/komplete/guitar/guitar-rig-5-pro/


では早速、話を進めて行きます。
判り易くするために、アンプの種類をまとめてみました。
音源には最初はギターのリフのみ、途中からはオケを加える事で
楽曲の中でギターがどのように聞こえるかのシミュレーションもしています。
オケは以前に録音したモノを隆昌、全て同じものを使用しています。


・まずはキャビネットなし(所謂ライン直)

画像






・フェンダー系

TWEED DELIGHT(これって、チャンプっぽいですよね?)

画像






TWEEDMAN(これって、ベースマンっぽいですよね?)

画像







WANG REVERB(これって、ツインリバーブっぽいですよね?)

画像






・ブリティッシュ系

AC BOX(これって、VOX AC30っぽいですよね?)

画像






CITRUS(これって、ORANGEっぽいですよね?)

画像






HIGH WHITE(これって、HIWATTっぽいですよね?)

画像






・ハイゲイン系

VAN 51(これって、5150っぽいですよね?)

画像






HOT SOLO+(これって、ソルダーノっぽいですよね?)

画像






GRATIFIER(これって、レクチっぽいですよね?)

画像






ULTRASONIC(これって、ボグナーっぽいですよね?)

画像






・その他アンプ

JAZZ AMP(これって、JC120っぽいですよね?)

画像






BASS PRO(これはベースアンプですよね)

画像






そしていよいよマーシャル系
ただ、これってググっても分類が良く判らんです。という訳で、ここから下は妄想入ります。
すなわちアンプ(キャビネット)の推測に責任は持てません。


COOL PLEX(これって1959のチャンネル1でしょうか?)

画像






PLEX(これって1959のチャンネル2でしょうか?)

画像






HOT PLEX(これって1959のチャンネルリンクでしょうか?)

画像






JUMP(これってノーマルのJCM800でしょうか?)

画像






LEAD 800(これってハイゲイン?のJCM800でしょうか?)

画像






仮に上記3つが1959のチャンネル違いだとすれば
キャビネットは共通だとしても不自然じゃないですよね。

ただ、それぞれのアンプで音量差は付けているようです。


くどいようですが、これはあくまでも私の個人用資料。
厳密な実験ではありませんので、余興程度にお聞き頂ければ幸いです。



使用ギター、箱庭キャスター(低価格ブランドのテレキャスターカスタムモデル改造品)

画像


このギターに関するインプレも、需要に関わらず近々アップしたいと思います。


で、Native Instrumentsさんは
一体いつになったらGuitarRig6を出してくれるのでしょうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック