1本のギターで押し通すのも良いですが、使い分けるのも良いですよね。

昨年末辺りに、ふとしたきっかけでうちにやって来た
solfege(ソルフュージュ)のテレキャスターカスタムモデルさん
(その辺りのいきさつとかはこちらにて)

その後、色々と手を加えてこんな感じになりました。

画像


(その辺りのいきさつはこちらにて)


ここ暫くは出番も無かったのですが、そろそろ表に出そうかな。と。

ただ、(ループ演奏形式の)箱庭楽団で使うというよりは
セッションとかコラボとかで使いたいと思っています。


レスポールスペシャルとかテレキャスターより、
ほんの少しパワーのあるギター。


特定の音を求めるのでなければ、その方が使いやすいかな。と。


ちなみにこのギター、ピックアップは

フロント:ディマジオ DP260 PAF Master Neck
リア:ディマジオ DP384 Chopper T


に載せ替える事で、フロントとリアの音量差を失くしています。


で、久々に音を出そうとしたら、リアの音が出ません。
あれ?おかしいなぁ?とピックガードを外して
(これ、結構手間です。正直弄りたくないです)

画像



テスター当てたり色々やってみても良く判りません。

フロントは問題なく音が出ているという事は
問題はリアの配線にあるのですが、グランドが落ちていない訳でも無く
なんでだろうなぁ?おかしいなぁ?と悩んでいたら・・・

リアのボリュームにはんだの玉が落ちて、
繋がらなくても良い所が繋がっていた。というあまりにも恥ずかしい理由でした。


で、余計なハンダを取り除き音が出るようになったところで
恒例の音出し確認をば。

最初に左から聞こえるストロークはミックスポジションで
途中から聞こえる歪んだパワーコードはリアで
ソロは前半リア、後半フロントで弾いています。





比較の意味で、同じセッティングにて弾いてみました。

まずはテレキャスさん



画像



そしてレススペ(レスポールスペシャル)さん



画像



こうやって聞いてみると、
それぞれのギターの特性が判って面白いですよね。

このセッティングはテレカスモデルさん用に作っているので
他のギター用にセッティング作ったら結果とか印象は全く変わる。って

そんな当たり前のことは書かなくても良いと思いますが、念の為。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック