ファズとディストーション、オーバードライブの違いって?

先日、いつもお世話になっている松本無線さまより
エフェクターとかパワーサプライを貸してくれる。というお連絡を頂き
(松本無線さまが現在店舗移転に伴う諸々の調整中な為)
広島市内のカフェ、銀山ベースさままで受け取りに行きました。


画像


右上から時計と反対回りに

・デジテックのクラシックファズ、
・松本無線さま謹製ネコクラッシュ(ディストーション)
・電源ケーブル×2とパッチケーブル
・松本無線さま謹製ドラゴンドライブ(オーバードライブ)
・松本無線さま謹製パワーサプライ。


お借りした以上は動作確認を。


とはいうものの、さて、どういう形で行いましょうか?

セッションとかスタジオ入りとか実際にアンプに繋ぐ機会は
恐らく来月辺りにありそうなので、その時に行うとして・・・


今日のところはPC(アンプシミュレータ)を使って
「ファズとディストーション、オーバードライブの違いって?」についての
検証をしてみました。

画像



ギター弾いている人だとファズ、ディストーション、オーバードライブの違いって
ニュアンスで判っていると思うので今更。と思われるかも知れませんが、
たまには初心に戻るのも大事だと思います。

使用ギターは上記写真のキャンディアップルレッドのストラトさん。
使用したのはリアピックアップ(フェンダー、テキサススペシャル)のみ


再度歪み系の紹介

画像


左から

・デジテックのクラシックファズ、
・松本無線さま謹製ネコクラッシュ(ディストーション)
・松本無線さま謹製ドラゴンドライブ(オーバードライブ)


アンプシミュレータGuitarRigを立ち上げて(ホストDAWはStdio One)

画像



やっぱ歪み系エフェクターの検証用アンプと言えば
ローランドのジャズコーラス(のモデリング)でしょ!
あと、スタジオで耳慣れたJCっぽくするためにルームリバーブをプラスしたら
こういう音になりました。





では、PCに送る前にそれぞれのエフェクターを繋いでみます
※今回は音の傾向を知る。という検証なのでつまみはすべて5に合わせています。
 そのためエフェクターにごとに音量差がありますのでご注意ください。


デジテックのクラシックファズを繋いだ音





松本無線さま謹製ネコクラッシュ(ディストーション)を繋いだ音





松本無線さま謹製ドラゴンドライブ(オーバードライブ)を繋いだ音





あくまでも一般的な歪み系比較。
という意味では判り易い音になっていると思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • JIM

    こんばんは。

    ドラゴンドライブの和音のクランチ・サウンドが気持ち良いですね。
    ネコクラッシュはツマミが「5」だと音が小さくなる仕様なのかも?
    歪の量は「5」にしては充分ですし、トーンも単体で使いやすそうです。

    ファズは・・・、このリフには合っているのですが、
    メインで使うとしたら大変そうですね(苦笑)
    2015年05月26日 20:44
  • たけうち@箱庭楽団

    > JIMさん

    実はここには挙げなかったのですが、BOSSのOS-2のDS、OD、中間のモードでも同じように音を出してみたところ、DS(ディストーションモード)の音量がネコクラッシュと同様下がりました。
    波形の上下をカットする。というディストーションの性質上、音量が下がるのかなー?と漠然と思っておりました。もっとも実際に使用する際にはディストーションのレベル調整するので出音を上げれば無問題なのですよね。

    ファズは・・・真空管アンプに突っ込んで、ストラトのボリュームで調整するのが王道なのでしょうか?
    2015年05月29日 18:23

この記事へのトラックバック