低価格ギターのパーツで最初に交換するのは、やっぱナットでしょ!

ちょっとしたご縁でやって来た低価格ギター、フォトジェニックのストラトモデル。

今まで色々なギターのパーツを散々とっかえひっかえしてきて、
自分なりの法則性が見えてきたので
このギターに関してはパーツの交換はしない方向で進もうかな。と思っていたのですが、
先日のブルースセッションの際に接触不良による音の跡切れが出たので
流石にここは直さないと。と調べてみました。

先日の症状からして、
音が途切れてもシールドプラグに手を当てると音が鳴る。
そしてボリューム&トーンに関してはガリすら無し。


すなわちジャックに不具合がある模様。
これはジャックだけは交換した方が良いですね。

あ!どうせならこの機会にナットも交換しておきましょう。


という訳でパ^ーツを用意しました。

画像



ナットはグラフテックのブラック・タスクXL、溝切り済み。
以前だとブランクナットを用意して溝は自分で切っていたのですが、
なんかもうこれで良いような気がしてきました。

ジャックはスイッチクラフトのモノラルジャック。
これは音質云々よりも信頼性重視という事で。


ジャックの方はさくっと


交換前

画像



交換後

画像



スイッチクラフトのジャックって、かっちり入る感じが好きです。


そしてナットの方は、製品に若干のバリが出ていたので
その部分を軽く舐めて、左右を調整したら出来上がり。

画像



ナットが黒いと、なんか高級感ありますよね。


せっかくなので、ナット交換前後の出音比較をば。

交換前の音源は、以前に録音したものから
ドラム、ベース音源やアンプシミュレータの設定を変更し、
そのギターの設定をネット交換後のギターにも反映させました。
こういう時にDAW並びにアンプシミュレータって便利です。

最初に左から聞こえるストロークはセンターピックアップ
続いて右から聞こえるパワーコードはリアぴくアップ
ソロは前半リア、後半フロントピックアップで弾いています。

ホストDAWはStudio One、アンプシミュレータはGuitarrigを使用しました。


ナット交換前





ナット交換後





ブラック・タスクXLの謳い文句

・豊かな倍音を最大限に引き出す
・チューニング安定度抜群

上記に関しては実際の音源を聞き比べて頂くとして
チューニングの安定度は格段に増した気がします。

少なくともチューニングの際に「キン!」という音が出る確率は格段に減りました。
(ナットにグリス挿しているので、うちに来た時よりははるかに改善されています)

それでもたまに出るのですが、これはナット起因じゃなくストリングガイド起因っぽいので
気になる人はそちらの交換した方がよろしいかも。


画像



1000円弱の出費でこれだけの効果があるのですから
低価格ギターのパーツで最初に交換するのは、やっぱナットでしょ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック