今時WAVESのGTRで盛り上がっているのって私だけでしょうか?

WAVESのGOLDにバンドルされているアンプシミュレータのGTR。

画像


最近はネットでググっても使っているよ!という方はなかなか少ないようですが、
せっかく付いてきたのですから試すだけ試してみたところ・・・


良いですやん!これ!すげー使いやすいです。
音的にも結構私好みですし、オケにも馴染みそう。


でも、絶対にギタリストには受けないと思います。


あくまでも一般的なギタリストって、「どういう音が欲しいか?」よりも
「どういうアンプを使うか?」という気分が優先されるような気がします。
憧れのギタリストが使っているアンプ!というブランド性が優先される世界。

そういったモチベーションはやる気につながりますから、
決して否定するべきじゃないのですよね。


ですからGTRみたいなものよりも
GuitarRigのようなタイプの方がとっつき易いし、モチベーションも上がります。

画像


やっぱRockはマーシャルっしょ!ガーンと行きましょうガーンと!
みたいな感じで。

いや、GuitarRigって実際に弾いていても楽しいしモチベーションも上がるし、
爆音出さなくとも実機に近い扱いが出来て


実機に近い扱いが出来て・・・


ここでピンと来る方はマーシャルに限らず、
ギターアンプの特性をご存知の方だと思います。

そーなんすよね、トーンの効きが素直じゃないんですよ。
ボリュームや他のつまみと連想して動くみたいな感じがして
確かに気持ちの良い音は出るのですが、それがそのままオケに馴染むかと言えば
これが悲しい事に別問題だったりする訳で・・・


ギタリストの立場としてアンプと睨めっこするように作り上げた、
自分にとって最高と思える音色が、
オケに混ぜた時には最高にならない事が多い悲しみ。って
中々判ってもらえませんよね。


そこで出てくるGTRのメリット、つまみの効きが実機と違って素直。
これ、宅録を行い際には非常に重要だったりします。
勿論最終的なミックスの際には別のEQで色々弄る訳ですが、
GIR単体で結構近い所まで持って行ける感じです。


アンプのタイプもクリーンから激歪みまで幅広く
(あくまでも自分がイメージを持っていれば)狙った音色も作り易そうで


勿論キャビネットも色々選べます。

画像



そしてマイクも。
機種だけじゃなく、それぞれにオンオフが選べるのは便利です。

画像



多分、GTRを受け入れる人って
根っからのギタリストというよりはアレンジャーに近い方なのかなぁ。
何となくそんな気がします。


あ!そうそう、さくっと作った出音はこんな感じです。





元のギターの音とかGTR以外の設定とかは、以前に実験したこちらの使い回しです。
(VSTプラグイン アンプシミュレータ対決!  2015/03/01)
http://hakoniwa.at.webry.info/201503/article_1.html

一応簡単に説明しておきますと、

使用したギターは、先日ピックアップを総入れ替えしたテレキャスさん

画像


フロント:ディマジオ DP260 PAF Master Neck
リア:ディマジオ DP384 Chopper T


GTRの設定はこんな感じです。

画像



最初に左から聞こえるストロークは、ギター(センターポジション)のボリュームを3~4位に絞って弾き
次に右から聞こえるパワーコードはギター(リアピックアップ)でボリュームフルテン。
真ん中から聞こえてくるソロは前半リア、後半フロントで弾き、


ソロのブースターとしてStudio One付属のパライコ(Pro EQ)

画像



ソロのディレイとして
Native Instrumentsさんが昨年末に無償配布してくれたREPLIKAを使用。

画像



こちらも色々と弄っているうちに、この辺が気持ち良いかなー?と、決めました。
あえてタイムシンクはしておりません。


ちなみに以前の実験で弾いた
GuitarRig5がこちら





Amplitube3がこちら





POD Farm 2.5がこちらです。





あ!当然のことながら
それぞれのアンプシミュレータの優劣付けなんか無意味だと思います。


もしあるとしたら、得手不得手みたいなものでしょうか?
あるいは相性。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック