竹弦さんの新作「LIGHT SONG」聴かせて貰いました

画像



広島の実力派男性デュオC弦のT下さん
(仮名、生年月日と血液型が一緒!というのんが私のプチ自慢だったりします)から、
竹弦の新作「LIGHT SONG」のレビュー書け!という命令が下りまして・・・


とはいうものの、ケンソウさんの歌唱力と
竹下さんの作詞作曲&アレンジ能力で悪い作品が出来ようも無く、
文句無しに良い!と言い切れる作品です。


で終わるのもアレですし、
楽曲に関してはアルバムを手にして確認して頂いた方が早いと思いますので、
全体を通したイメージなどを語らせて頂きます。って長い前振りですね。


竹弦さんの魅力の一つに、
バックボーンとしてニューウエイヴを体現されている所があるように感じます。
今回の収録曲の中にもポリスやU2、ABCといったバンドの影響が見え隠れする音作りがあったり、
逆回転のスプラッシュシンバルをははじめとした様々な効果音を自然に聴かせる上手さ。
いや、これはセンスなのでしょうね。
アルバム全体を包み込むようなリバーブも、
そういうバックボーンを考慮すれば全然アリだと思います。
むしろ効果的に感じます。


実際のライブではボーカル&ギター(ループ含む)の竹弦さん、
アルバムの中でも、あ!この音はループで出すのですね。と思わせる部分と、
あーなるほど!ここではこの音が欲しいのですね。と思わせる部分が交差していますけど、
このアルバムを聴いた人であれば、たとえ現場で鳴っていない音でもイメージで補完、
頭の中でそれぞれの音が鳴りますよ。


アルバムラストを飾る「HIKARI」なんか特にそうですよ。
サビの背景で流れるギターのオブリはたとえライブで鳴っていないとしても、
私の頭の中では確実に流れると思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック