久々にYAMAHA Pacifica(パシフィカ)112Vを弄りました

先日、ちょっとした事から
久々にYAMAHA Pacifica(パシフィカ)112Vを引っ張り出して弾いていると
これが中々具合が良いのですよ。
取り回しとか重さの按配とか。

何といいますか、弾いていて楽な感じがします。


これはちゃんと弾けるようにした方が良さそうなので
空き時間を利用して少々弄ってみました。


全体像はこんな感じです。

画像



では、パーツごとに説明を。



ヘッド周りは今回は変更なし。

画像


ナットをTUSQに変更してかなり経つので
良い色になってきています。


ピックアップ&ブリッジは入れ替えました。

画像



フロント、ディマジオFS-1
センター、フェンダーテキサススペシャル(リア用)
リア、ダンカンJB

ブリッジは80年代ごろの国産品
サドルはプレスタイプです。

画像


アームアップを全く考慮していない
(といいますか、そういう概念すら無い)時代の
分厚いイナーシャブロックが拘りポイントです。


電装系はボリューム&トーン共に250KΩ、Aカーブ
トーンはヴィンテージ品、0.047u 100V SPRAGUE VITAMIN Q

画像


音質的な拘りでは無く、
昨日お邪魔した松本無線さま一時閉店セールで見つけたもので
これも何かの縁ですよね。せっかくならば使ってしまおう。というノリです。


と、まあだいたいこんな感じです。


実は今回組み上げた大きな理由として
同じようなギターを何本も持っていても仕方ないなー。
どーせならばまとめてしまいたいなー。

そう考えて

画像


このギター(SSHストラトモデル)のピックアップとブリッジを移植した訳です。


では、肝心の音はどうなったのか?早速出音比較してみました


最初に左から聞こえるストロークはセンターポジション、
続いて右から聴こえるパワーコードはリアポジション、
ソロは前半リア、後半フロントポジションで弾いています。

アンプシミュレータはGuitar Rig5、ホストDAWはStudio ONEを使用しています。


今回組んだYAMAHA Pacifica(パシフィカ)112V





以前のYAMAHA Pacifica(パシフィカ)112V(ピックアップは詳細不明)





SSHストラトモデル(このピックアップ&ブリッジを新しいパシフィカに移植しました)





個人的には
使いやすいギターになった気がします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック