機材を疑う前に、自分の腕と耳を疑うべきですよね。

画像



テレキャスさんのピックアップ交換後、
初めてハードウエアのアンプシミュレータで音作りしていました。


いや、DAW上での音源作成だとソフトウエアのアンプシミュレータの音作りになりますし、
セッションなんかだとアンプ直で何とかする(そのためにピックアップ交換しましたから)のですが、
ループ演奏を行う際にはアンプシミュレータ→ループマシン→DIという接続(つまりギターアンプは
使用しない)になるので、アンプシミュレータ上で音を作り込んでおく必要がありまして。


今日はYAMAHA DG-STOMP、VOX Tonelab LE、ZOOM G1Xonという3種類を
とっかえひっかえして交互に音を出して・・・いや、こういう比較って実に判りやすいです。
それぞれの機材の長所も判ります。


そして何が面白いかって、自分が欲しい音なんて限られているのですが、
その音に向かうアプローチが機材ごとに違っている。これは大きな発見でした。
やっぱ何事も思いついたらやってみるべきですね。


もう少し音を作り込んだら、時間を作ってスタジオに入って大きな音を出したいと思います。

なんだかんだ言っても、音量は音色に対して大きな要素になりますから。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック