VSTプラグイン アンプシミュレータ対決!

まず最初に書いておきますが、この企画は全くの想い付きです。


宅録環境を今のPCに変更してからは、特定の理由が無い限り
ギターの録音はVSTプラグイン上にてアンプシミュレータを使用しています。

この方法だと録音後にも音質だけじゃなく、
ギターアンプとかエフェクターの変更が可能なので、もう戻れません。


私の場合はDAWをStudio Oneに変更した際に、
フリー版のGuitarRigが付属しており、StudioOneのアップデートと共に
バンドル版→製品版にバージョンアップ。って、この世界ではよくある話ですよね。

実際(※あくまでも私のイメージとして)GuitarRigって使いやすいです。
何と言ってもつまみの効き具合が(効かなさも含め)実機に近い感覚がありますもので。


でも、ふと思い立って別のアンプシミュレータも使ってみようかな?と思い

Amplitube3
POD Farm 2.5

上記二つの無償版をダウンロードしてみました。


画像


この手の無償版って当然ながら機能制限とかある訳ですが、
私の場合はとりあえずマーシャルっぽい音さえしてくれれば、
後はこちらで何とかしますので。


せっかくなので、ここで出音比較など。


方法としては、3つのアンプシミュレータ
(GuitarRig5、Amplitube3、POD Farm 2.5)でマーシャルの歪んだ音を作成。
最初に左から聞こえるストロークは、ギター(センターポジション)のボリュームを3~4位に絞って弾き
次に右から聞こえるパワーコードはギター(リアピックアップ)でボリュームフルテン。
真ん中から聞こえてくるソロは前半リア、後半フロントで弾き、

ブースターとしてStudio One付属のパライコ(Pro EQ)

画像


ソロの音再生しながら、この辺が気もし良いかなー?と
パラメータを弄っているうちにこういう設定になりました。


ディレイはNative Instrumentsさんが昨年末に無償配布してくれたREPLIKAを使用。

画像


こちらも色々と弄っているうちに、この辺が気持ち良いかなー?と、決めました。
あえてタイムシンクはしておりません。


あ!そうそう!肝心な事を書いていませんでした。
今回、ギター弾いたのは各パート1回ずつで、その後トラックをコピーして
アンプシミュレータの設定のみ差し合えています。


使用したギターは、先日ピックアップを総入れ替えしたテレキャスさん

画像


フロント:ディマジオ DP260 PAF Master Neck
リア:ディマジオ DP384 Chopper T


まずはGuitarRig5

画像






次にAmplitube3

画像






最後にPOD Farm 2.5
画像






という結果となりました。


こうやって聞いてみると、それぞれのアンプシミュレータで
得手不得手とか相性みたいなものがあるような気がします。

それは決して良い悪いではなく、人それぞれ合うか合わないか。という意味で。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック