ギター弄っていると失敗する事もありますよね

だぁぁぁっ!空き時間を利用して
テレカスさんの電装系とっかえようと思って作業進めていたら、
私の大好きな昔ながらのサイズのボリューム(可変抵抗)だとボディに収まらない事が発覚!

画像


そーなのですよね。
最近のギターって小さいサイズの可変抵抗使っているのですよね。


どーしましょ、何事も無かったように元に戻しましょうか?
でも、セレクターSWが論外に固いからそこだけは交換して、
いや、どーせならジャックも交換して・・・と悩んでいるうちにどんどん時間が過ぎ、
本日はタイムオーバー。

結局、セレクターSWとジャックのみ交換して「動作確認」して組み上げたのですが、
先程アンプに繋いでみたら盛大なノイズが
・・・どーやら組み込みの途中でどこかのグランドが外れている模様(泣)


早速ミニサイズの可変抵抗はポチりましたが、
組み替えは来年ですね。


それでもセレクターSW&ボリューム&トーンつまみ&ジャックを交換して
「見た目」だけは良い感じに仕上がりました。

画像



以下、スルー上等の独り言。

手間を考慮するとピックアップ交換のタイミングで作業するのが一番なのですが、
今のピックアップもさほど悪くない気がするので、どーせなら色々実験したいなぁ。と思ってます。

今付いているのがフロント&リア共に250kΩのBカーブなので、
フロントのハムには500kΩ、リアのシングルには250kΩの共にAカーブ。
そしてそれぞれのボリュームにハイパスコンデンサ(フロントは250PF、リアは120PF)で
組んだ音を出してみたいなぁ。なんて事を考えています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック