solfege(ソルフュージュ)のテレキャスターカスタムモデルがやって来た

実は少々前から、黒のテレキャスターカスタム(以下、テレカス)をベースにした
改造ギターの構想がありまして、ヤフオクで出物をチェックしておりました。

あ!これ良いなー!と思ってウオッチリストに入れて
終了間際に見ると跳ね上がる落札価格を見てため息。の繰り返しなのですけどね。

そんな昨日、色々あって気分転換に訪れたリサイクルショップで
まさかそんな具合よく黒のテレカスなんか無いですよねー!と店内歩いていたら・・・

ありました!しかも1万円以下。もちろん購入。
(※後で調べたらこのギターって新品でも1万5千円位で流通していたのですね。納得)
そして近所のコンビニ前にて記念撮影。

画像


ブランド名はsolfege(ソルフュージュ)
恐らく低価格ギターマニアしか馴染の無い名前だと思います。

ただ、コレと同じ仕様で別ブランドのギターってたまに見かけます。
もしかして、ヘッドロゴだけが違う同じもの?よく判らんですが。


では、さくっとチェックしていきます。


全体像

画像


これはもうご覧のとおり。何よりうれしい22フレット仕様


ヘッド表

画像


燦然と輝く「solfege」のロゴマーク。2色使いもポイント高いです。
ナットは低価格ギターにありがちなプラスチック。


ヘッド裏

画像


ゴトーさんには及ばないものの、何気に精度の高そうなペグ。


ピックアップ&ブリッジ

画像


テレカスと言えばフロントハム&リアシングルピックアップ。
3連サドルのブリッジは何気に裏&表通しどちらも選べます。


コントロール、ジャック他

画像


フロント&リアボリュームトフロント&リアトーン、合計4つつまみ
セレクタースイッチはレスポールと同じような位置に。
そしてアウトプットジャックもレスポールと同じようなタイプ。
個人的にはテレキャス独特のアウトプットジャックよりもこちらの方が好きです。


ボディ裏

画像


ネックジョイントは4点止め。
やっぱテレキャスは裏通しの方が好きです。


そしてネックのロッド調整のみ行い、簡単に音を出してみました。
左から聞こえるストロークはセンター、右から聞こえるパワーコードはリア
ソロは前半リア、後半フロントで弾いています。





せっかくなので、うちのテレキャスさん(詳細はこちら)でも同じ設定で弾いてみました。

画像






と、まあ、こんな感じです。


本日の感想。
いや、このギター面白いです。良い意味で裏切られました。


せっかくなので良いところをまとめてみます。

・22フレット仕様
・フレットがまとも(詳しくは書きませんが、低価格ギターでは珍しいです)
・フロント、リアピックアップの音量差が少ない(本気で驚きました)
・そして何より、見た目がカッコ良い。


対して良くない所

・あちこちのポジションでビビリが出る(フレット摺り合わせで直します)
・セレクタースイッチの硬さは論外(交換すりゃする話で)
・ナットからピキピキ音がする(これも交換で解決します)
・センターずれてます(これもネックゆるめてぐいっとやれば治りますね)

画像



そんな具合で、自分なりに手を加えればそれなりに使えるギターになると思います。

あ!勿論本家の音を目指すとか全く考えてないですから、
その辺り誤解なきようお願いします


もっとも今はサミック・ストラトモデルの調整に忙しいので、こいつを弄りだすのは
年末~年明け位からでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック