三角つぶあんサンド(フジパン)

カテゴライズに意味はないんやーっ!
便宜上名前付けているだけなんやーーっ!!
店員さんが置き場所に困らんためのもの、本質とは別物なんやーーーっ!!!


世の中の流れを見ていると、ブームが起こりムーブメントとなり
変な名前が付けられカテゴライズされ亜流が出てきて崩壊の序曲・・・

何事に対してもそういう流れで動いているような気がします。
勿論ものによってサイクルの長短があるので見えにくい部分もあるのですが、
今その真っ只中のモノも少なくないような気がします。


そういったムーブメントの中でも面白いのが「ビジュアル系」という奴でしょうか。
元々はアートスクール係の文化部的お耽美世界の別世界ロックだったものが、
北関東辺りからヤンキーさんが髪の毛立てて乗り込んで体育会系大盛り上がり!
やがてヘビメタさんと融合して別世界へ進み、
現在では独自進化を続けながらも一部では根強い人気があるそうで。


大体音楽をカテゴライズするのに「ビジュアル(視覚)系」って名前どうなのよ!
そんな分け方したらゲイリー・ムーアはんと直系の弟子、ジョン・サイクスはんが
別の棚になっちゃいますよ。それもかなり遠い場所に。
というゲイリーはんもサイクスはんも所謂ビジュアル系じゃないので単なる杞憂ですが。

それならス〇ゾーはんとイ〇ランはんは同じ棚でも真〇はんは別の
・・・ってもう良いですよねこの話。


いや、何でこんな話しているかと申しますと今日の菓子パン
「三角つぶあんサンド」をみて下さいよ!これってどう思います?


要はは四角いつぶあんぱんを対角線で切り、三角サンドに仕上げた訳ですが、
それなら普通のつぶあんぱんでいいじゃん!と思うのか?
あるいは、三角サンドの切り口から覗くつぶあんに魅せられてしまうのか?


同じあんぱんでも形状や見せ方、そして名前(カテゴライズ)の違いによる
イマジネーションの広がり方は大きく変わってきます。


そうやって考えると、菓子パンの世界でもビジュアル(見せ方)は大切なのですね。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック