久々にTomySmithのストラトモデルで音を出してみました

先日のブログ

> 個人的にはネックが安定していて音詰りがなく、弦高は12フレットで2mm以下、
> ボリュームやトーンからガリが出ずそれなりに音が出てくれればおっけーです。


と書いたものの、このTomySmithのストラトモデル、
どーやら1弦18フレットで音が詰まる模様。


ということで、この機会にフレット摺り合わせました。

画像


使用したモノは写真に写っているモノ。以上!
詳しく知りたい方はGoogle辺りで検索してください。
私なんかより詳しい方がいくらでも説明してくれますから。


ここで余談。
何故低価格ギターの弦高が下げられないか?


1、ネックがまっすぐじゃない
2、仕込み角度が悪い
3、フレットの高さが適切じゃない

※あくまでも私の経験談です。詳しい事を知りたい方はGoogle辺りで検(ry


この3の「フレットの高さが適切じゃない」が大変で
弦高下げる為には少々細かい調整が必要になるのですよね。

要は上のフレットよりもほんの少しでも高いと音が詰まる訳で、
弦高が高ければある程度誤魔化せますが、弦高下げると
この辺りの調整がシビアになってくる訳で、これを低価格ギターに求めるのは
無理がある訳で・・・

余談以上。


という訳でフレット摺り合わせて新し弦張りました。

画像


画像



せっかくなのでPCに繋ぎ、RuitarRigで音作ってみました。
DAWはStudio ONEを使用しています。

画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック