架空の箱庭

アクセスカウンタ

zoom RSS 大きなクレープケーキ 白バラ牛乳入りクリーム & 苺クリーム(山崎製パン)

<<   作成日時 : 2013/11/28 11:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

白いバラは大山に咲いてるんやーっ!
黒いバラはミュージシャンのフィルはんとゲイリーはんが一度だけ咲かせ、
紫のバラは映画監督のアレンはんがカイロで咲かせ、
エバラはんは黄金の味を世に送り出し、
ゲバラはんは文字通り赤い花と散ったんやーーっ!


あの、前から疑問に思ってるんすけど、この手の「クレープ」ってどうなんです?
私としてはクレープって小麦粉を薄く延ばして丸く仕上げて、
中にクリームとか挟んだものを片手に持って、
流行最先端のタレントショップを見て回る時に食べる物だと思うのですが、
この認識って間違ってます?


この手のパンって、表面にクレープ状の記事を乗せてハイ出来上がりっ!
みたいなイージーさを感じるのですよ。いや、イージーそのものは否定しません。
コッペパンの間にクリーム挟んで全く別の商品として生まれ変わるようなイージーさは大歓迎です。


という事は何でしょ?何が引っかかるのでしょ?と自問自答している訳ですが、
結論としては「これは・・・クレープじゃない。別の・・・モノだ」になるんですよね。
あ、この手のパンを否定するつもりは全くありません。むしろ好きかも知れません。
ただ、ただね、名前がどうも引っかかってその世界に浸れないのですよ。


そーか!判った!「名が体を表していない」所に違和感を感じるんだ!
つまりはアレと一緒ですよ、ペンしか入れないのに「筆箱」とか、
靴しか入れないのに「下駄箱」とか、
絶対えっちな本は入っていないのに「有害図書ポスト」とか・・・
なんか違う気もしますが、とにかくそういう事なんですよぉ!


だとすれば、この手のパンに名前を付けるとしたら何が良いのでしょうか?
例えば、パンの上にクレープ状の生地が重ねてあるから・・・


クレポン(クレープ オン)とか?・・・ダメっすね、これじゃ。
つーかそういう名前のお菓子ってすでにありますし。


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大きなクレープケーキ 白バラ牛乳入りクリーム & 苺クリーム(山崎製パン) 架空の箱庭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる