テレキャスのナット交換

うちのコンポーネントテレキャスター、角倉さん
(名前の由来など詳細はこちらを参照願います)

色々と手を加えて楽しく弾いているのですが、どーも1弦のビビりが気になって・・・
恐らくは私が溝を切ったナットの精度が足りていないせいだと思いますが
今うちにある工具ではこれ以上の精度が出ません。


さて、どうしましょうか。


ふと部屋を見渡すと、以前別のギターに付けていたカーボンナットが目に入りました。
試しにこいつを付けてみると・・・


画像



あらら、無加工で付きましたよ。
で、弾いてみたらこれが・・・ (・∀・)イイ!

それ以外の言葉が出てきません。とにかく弾き易くなりました。


今回の交換作業も出音を意識したものではないのですが
一応、録音してみました。


録音環境は

ギター→VOX Tonelab LE→ミキサー→オーディオI/F→PCという流れで録音しました。
最初、左から聞こえるストロークはフロント+リア、次に右から聞こえるパワーコードはリア
ソロの前半はリア、後半をフロントで弾いています。






↓こちらがナット交換前の出音、昨日ブリッジ交換した際に録音したものです。





出音の違いに関しては材質(牛骨→カーボン)の変更よりも
加工精度とか溝の深さ、指板との距離の違いが大きいような気がします。


せっかくなのでナット交換後に記念撮影。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック