角倉さん(テレキャスモデル)、極私的インプレ

突然発症した「テレキャス欲しい病」をこじらせて、
ヤフオクに張り付いてなんとか落札した国産スクワイヤのジャンク品を俺色に染めたテレキャスター。

画像


軽く調べたところ、Qというシリアルナンバー生産時期は93~4年。
ということはおそらくSTL-33という奴になるのでしょうか?
さらに調べてみるとボディ材は「WOOD FIBER」・・・???すなわち圧縮材???
同時期にアイバニーズが出していた「レゾンキャスト」みたいなものでしょうか?
(この時期のスクワイヤもアイバニーズもフジゲン製造なので実は同じもののような・・・)
まあ、それはそれで面白いので良しとしましょう。

ちなみにこいつ、ピックガードの下思いっきりザグってあります。

画像


あまり見かけることのない仕様ですが、軽量化のためでしょうか?
まあ、それはそれで面白いので良しとしましょう。


画像


ブリッジは6連。


画像


しかも表通し。これだけで普通のテレキャス使いは避けて通りますよね。



素の状態ですら邪道と言われても言い返せないこいつに

画像


Cシェイプ、240(くらいの)R,ジャンボタイプの22フレット。
ここまでくればストリングスガイドもモダンタイプに。

画像


ペグはロトマティックタイプ、GOTOHのSG-381


画像


ピックアップはフロント、リア共にセイモア・ダンカンのVintage Stack、STK-T1n(左)とSTK-T3b(右)
スタックタイプのハムバッカーです。基本宅録が多い私ですからノイズが少ないギターが一番偉いです。

コントロールはボリューム1MΩ・Aカーブ、トーン250KΩ・Bカーブ、共にCTS。
本当は国産ボリュームが欲しかったのですが1MΩが見当たらなかったので・・・
テレキャスターならば当然のようにハイパスコンデンサは仕込みました。
セレクターSWは3点式、フェンダー純正です。
アウトプットジャックはレスポールのものを流用・・・って、これは他のテレキャスでもたまに見かけますね。


画像


こだわりのストラップピンはフェンダー系ベースのストリングスガイド。
取り付け&使用に関してはストラップ共々加工が必要です。


そんな感じで仕上がったのがこちら↓です。

画像



うちには現時点でテレキャス1本しかないので別に名前は必要ないのですが
せっかくなので命名しようと思います。
このギターの一番の特徴、セミホロー形式のボディが
かつてフェンダー本家に存在した"Smugglers(スマグラーズ=密輸業者")に似ているので



「角倉(すまくら)さん」



と名付けます。

実はこれ、Win7のOFFICE IMEで「すまくら」と打って変換した漢字で、
調べてみると地名なのですね・・・山口県 下関市 彦島角倉町。

ちなみにWinXPで「すまくら」と入力したら、「酢枕」と出てきました・・・


肝心の出音はこんな感じです。




ピックガード下ザグってあったり圧縮材だったり、ネタとしても面白いのでしばらくこのままで使います。






そう言いながらもボディ材の出物があれば・・・




※2013年6月2日 追記

フレット摺り合わせて弦高落としました。

画像


画像


12フレットでジムダン・デルリン1.5mmピックが落ちない高さです。

http://hakoniwa.at.webry.info/201306/article_3.html




※2013年7月13日 追記

ブリッジ交換(裏通し、ブラスサドル)しました。

画像


画像


http://hakoniwa.at.webry.info/201307/article_1.html



※2013年7月14日 追記

ナットを牛骨からカーボンに変更しました。

画像


http://hakoniwa.at.webry.info/201307/article_2.html



※2013年8月10日 追記

ハイパスコンデンサの数値を0.00025uF(250PF)から0.001uF(1000PF)に変更しました。

画像


http://hakoniwa.at.webry.info/201308/article_4.html


※2013年8月24日 追記

ハイパスコンデンサの数値を0.001uF(1000PF)から120PFに変更しました。

画像


http://hakoniwa.at.webry.info/201308/article_9.html


※2013年11月9日 追記


・たまに音が途切れるので配線全体の見直し
(案の定、一部ハンダ付けが大変な事に)

・トーンを250KΩ、Bカーブ→Aカーブ
(やっぱこちらの方が使いやすいです)

・コーンのコンデンサをオレンジドロップ→以前にマツモトムセンさんの4階で購入した
ジャンク・・・ヴィンテージのセラミックコンデンサ(共に0.047μF)

・コントロール部を通常のテレキャスさんと同じ方向に
(やっぱこちらの方がPU切り替え楽です)

http://hakoniwa.at.webry.info/201311/article_7.html

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック