名称未設定さん(SSHのストラトモデル) 極私的インプレ

ストラト(モデル)って面白いですよね。
お高いモノからお手軽なものまで幅広く出回って、その殆どで部品の互換性がある。
もう弄りだしたかきりがありません。


ということで、さんざん弄りたおしてこうなりました。

画像



ご覧いただいた通り、SSHのストラトモデルです。


では、パーツごとに簡単な説明を。

画像


ネックはヤフオクで落とした詳細不明のローズウッド指板、22フレット。
自分で三晃製作所のジャンボタイプフレットに打ちかえています。


画像


ペグは以前に梅田のナカイ楽器古書のまち店の陳列棚奥から引っ張り出してもらった
グローバーのブラック、箱無しだったのでほぼ半額くらいで頂きました。
ペグを止めるねじが銀色のままなので、後日黒く塗ります。ええ、こういう時の定番マッキー(マジックインキ)で。


画像


ボディはハードオフにて購入したStewartストラトモデルのものを使用
ピックアップはフロントに知人から頂いたテキサススペシャル(リア用)
センターは詳細不明、うちにあるどれかの低価格ギターに付いていたもの。
リアはYAMAHA パシフィカ112Vに付いていたもの。

アッセンブリーは1VOL2TONE共に250KΩ、ボリュームはA、トーンはBカーブ
センター&リア兼用でトーンが効くように配線、リアハムはコイルタップ配線。

シンクロナイズドブリッジはヤフオクで落とした80年代の国産品
サドルはプレスタイプ。ストラトっぽい響きの肝がここにあるような気がします。


画像


イナーシャブロックはオールドっぽい分厚いモノ。

あと、このネックは以前のギターに取り付けようとしたときに少々やらかして
ネックから頭の無いねじが一本生えてしまいました、その為ネジ止めは3本だけです。


VOXのアンプシミュレータからPCに録音した音が↓です。




左から聞こえてくるストロークはセンターPU、次に右から聞こえてくるパワーコードはリアぷ。
ソロの前半はリア、後半はフロントPUで弾いています。




うちにある残り物?で組みましたが、
実際にはこういうSSHのギターが一番使いやすかったりします。

で、名前どうしようかなぁと考えていたらだんだんしんどくなってきたので
「名称未設定さん」で進めます。


※2013.06.01追記 ピックアップレイアウト変更しました。

画像


・フロント ディマジオFS-1
・センター テキサススペシャル(リア用)
・リア ダンカンSH-4(JB)

http://hakoniwa.at.webry.info/201306/article_2.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック