寄せ集めですよ。ええ、寄せ集めです。

ということで先日パーツとっかえた
ジャンク品ストラトモデルについてまとめてみます。

画像


只今の様子。


元々は某所で見つけた「Stewart」というブランドのギターでした。
(この辺りのインプレはこちらにまとめています)


その後、ペグを交換しフレットを打ち換えて。
(その辺りのインプレはこちらにて)


次にナット、コンデンサを交換し
(その辺りのインプレはこちらにて)


・・・たところ、打ち換えたフレットの一部に不具合発見。一旦放置。


暫くして、別のジャンクギターよりネックを移植
(その辺りのインプレはこちらにて)


少し時間を置いてリアピックアップ交換。
(その辺りのインプレはこちらにて)


そして先日、ボディ以外を「ほぼ」別のギターを入れ替えました。
(その辺りのインプレはこちらにて)


という紆余曲折を経て現在に至りました。


只今のスペックを簡単にまとめてみますと・・・

画像


・ネック、オークションで落とした詳細不明なもの、恐らくメイプル&ロース指板。
・ペグ、ネックに付いていたもの。詳細不明なロトマチックタイプ。
・フレット数、22。自分で三晃製作所のジャンボフレットに打ち換えました。

ただ、前のギターでネックを交換する際に少々やらかして
ネジは3本しか止めれない状態です。

画像


まあ、動かないのでとりあえず良しとしています。


画像


ピックアップは3つともディマジオのHS-3
ボリュームはCTS、250kΩ、Aカーブ。トーンは国産のミニタイプ、250kΩ、Bカーブ。
セレクターSWはCRLの5点式。

うちにあるギターで5点式SWのものは殆どCRLに交換しています。
これは切り替え時のクリック感が気に入っているため。

ボリュームのCTSはたまたま手元にあったので使いました。
正直なところボリュームは国産品で十分な気がしています。
そーいえば現在のCTS製品って生産国ってどこなのでしょうか?
今の経済の流れを見ていると・・・多分アメリカで作っていないような・・・

ブリッジはオークションで落とした80年代くらいの国産品。
プレスサドルと分厚いイナーシャブロックが素敵です。


元々付いていたピックガードが良い具合に焼けて、雰囲気が出ているように思います。




現状はこんな感じで、暫くはこの状態で使おうと思います。



と、書きながらも
気が向けば(あるいは良いパーツが手に入れば)弄るとは思いますが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック