フローティングとベタ付けの違いって?

前のページにアップした知人からの預かりもの
フェンダー、エアロダイン(Fender Japan AST-M SSH GMB)。

画像


元々ブリッジがフローティングにてセッティングされていました。
さすがフェンダージャパン、それなりに調整して出荷されていますが、
アームを使い慣れていないとチューニングが不安定になりそうです。


ということで、持ち主の許可を取り
フローティングブリッジをベタ付けにしました。


せっかくなので
アンプシミュレータVOX Tonelab LEからラインでPCに取り込み
フローティング、ベタ付けそれぞれの音を録音してみました。


フローティング





ベタ付け





これも何かの資料になるのでしょうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • hi☆ro

    ありがとうございます。
    参考になりました。

    ベタ付けとフローティングの音の変化の違いについて調べていました。

    ベタの方がハッキリとしていますが、固い感じがしますね。
    振動が伝わるロスは少ないのかもしれませんが、フローティングさせていた方がストラトらしくて好きです。

    貴重な記事をありがとうございます。
    2015年04月08日 17:10

この記事へのトラックバック