Stewart ストラトモデル ペグ&フレット交換

先日ご縁があってうちにやってきた(詳細はこちらです)
Stewartというブランドのストラトモデルで遊んでいて思った事。


1.ペグが固い。

画像


画像


あくまでも私の拙い経験上、
この手のカバードタイプ、ブッシュとペグ本体が独立しているものって
組み付け精度なのか剛性なのか良く判りませんが
弦を張っていない時にはスムーズに回転しても
弦を張ってチューニングを始めるととたんに重く(固く)なる事が多いです。

もっともバッククラッシュが起こるわけでもなく
チューニングが狂うわけでもないのでこのままでも良いのですが・・・


2、フレット、もう少し大きい方が弾きやすいかも。

これはもう完全に主観の問題だと思います。


さて、どうしたもんかいねと辺りを見回すと
只今分解中のトミースミスストラトモデルのペグが目に入ったので
早速交換してみました。

画像


もとのねじ穴は埋めない方向で♪


さらに見回すと、
ミディアムジャンボのフレットもありました。

画像


ということでフレット交換♪

画像



軽くフレットのすり合わせを行い、早速VOXのアンプシミュレータTonelab LEから
PCへとラインで送った簡単な音出しテストを行いました。





↓ペグ&フレット交換前の音はこちらです。





で、フレットを細いものからミディアムジャンボに交換したら
別のところが気になってきました。

(続く)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック