Tony Smith(トニースミス)のストラトモデル その2

先日縁があってうちにやって来た
トニースミスのストラトモデルに少々手を加えてみました。


変更点

・ボリューム(CTS、250kΩ、Aカーブ)
・コンデンサ(セラミックコンデンサ0.022μF)
・セレクターSW(CRLの5点式)


こうやって見ると、スペック至上主義っぽく見えるかもしれませんが、

ボリュームはうちに転がっていたもの、
コンデンサはパーツ屋さんで100円以下
ベルデンの配線は硬いので加工が楽。

CRLのセレクターSWは切り替えの感触が好きで、
うちにあるストラトモデルの殆どに付けています。



パーツ交換のためにピックガードを外してみました。


画像



てっきり弁当箱だと思っていたら、HSHザグリなのですね。



元の配線です。

画像


配線は結構綺麗、コンデンサ2つも使ってます。



こういう風になりました。

画像


ごめんなさい、ギターだけじゃなく配線もヘタで・・・



ちなみに、こういう音になりました。





パーツ交換前の音は↓こちらです。





今回は手抜きしてトーンポッドは変更しなかったのですが
そこも変えていたらもっと面白い結果が出たかも知れません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック