Fender Telecoustic 復活

画像



ピエゾピックアップの調子が悪く、3弦の音を拾わないため長期間放置していたFender Telecoustic、
このたびやっと使えるように調整しました。



調整方法としてまず別のサドルを付けてみました (問題の切り分けを行うため)
それでも状況に変化なし・・・という事は問題はブリッジではなくピエゾ本体。


それならばサドルの交換は必要ない・・・のですが
せっかくなので別のエレアコに付けていた(サイズが少々合っていない)サドルを
加工して付ける事にしました・・・グラフテック社のTASQです。



行った調整は

サドル底面、丁度3弦の下にあたる部分にセロテープを貼る。


言葉で書くと単純ですが、
セロテープを貼る面積と枚数によっては別の弦の音が拾いにくくなったりして
全ての弦がほぼ均等に音が出るようにするのはなかなか根気が要る作業です。

また、横着してセロテープを底面だけではなく側面に貼ったままでいると
サドルが安定せずに余計なノイズを出す事にもなるようです。



というわけで、結構な時間を掛けてやっと調整完了。
簡単な音だしテストを行ってみました。





TelecousticのラインをYAMAHAのミキサー、に送り、
ミキサーでコンプ、DAW(CubaseSX)上にてリバーブを掛けてみました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック