PhotoGenic ST-180改Ver2 極私的インプレ

画像




これから暫くの間、私のメインギターになる予定の
PhotoGenic(フォトジェニック)のストラトモデル
ST-180改Ver2に関してまとめておきます。



※以前にご紹介したものと重複していますが、まとめということで・・・



吊るし(購入状態)から行った調整


・ピックガード&ピックアップのビニールはがし
 (当然の事ですが、ピックアップに保護ビニールを付けたままだと音がこもります)
・ネックのトラスロッド調整
 (少々順ゾリでしたので、トラスロッドを締めました)
・弦高調整
・ボディ裏側のカバーを外し、トレモロのばねを2本追加
・弦交換
・ナットに少々グリースを塗布
・ピックアップの高さ調整

(ここまでの詳細はこちら




電装系以外の交換


・ノイズ対策として、キャビティ内部に銅箔シールを貼り付ける
・フレット調整
・カーボンナットに交換
・エンドピンの交換
・ペグをグローバー製に交換
・ブリッジを30年前のTokai SS-36に付いていたものに交換

(ここまでの詳細はこちら




電装系の交換


画像



・ピックアップ
 フロント : ディマジオFS-1
 センター : ディマジオHS-3
 リア : バルトリーニLC-60


・ボリューム
 フェルナンデス、250kΩ、Aカーブ


・トーン
 フロント : ギターマン、250kΩ、Aカーブ
 センター : ESP、250kΩ、Aカーブ、P-P SW付き

 ※センター、リアでトーン共用に変更
 ※P-P SW付にてコイルタップ切り替え追加


・コンデンサ
 オレンジドロップ、0.022μF


・配線
 ベルデン8503


・ジャック
 ギターマン


・ノブ
 ブラック、メタルタイプ



平たく言えば、ピックガードに乗っかっているパーツ+ジャックを
全て交換しました。


(ここまでの詳細はこちら



肝心の出音はこんな感じです。
(アンプシミュレータはVOX Tonelab LEを使用しました)



↓吊るしを調整したもの






↓電装系交換前






↓電装系総とっかえ後






・・・元々、シングルコイル用に音作りしたので
(しかもギターの特性もよく判っていない時に)
ハムバッカーだと少々こもってしまいますね。



↓と、いうことで音を作り直してみました。






現時点での感想としては
なかなか使いやすいギターです。


(2010.03.26 追記)

Ver2.1への変更

・フレット交換しました

画像



詳細はこちらを参照願います
(PhotoGenic ST-180 改造その9 ~フレット交換~ )
http://hakoniwa.at.webry.info/201002/article_1.html


(2010.08.07 追記)

Ver2.2への変更点

・ネックポケットの再調整、シムを挟み仕込み角度変更。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック