Greco JB-500 極私的インプレ

画像


このベース、実は以前にもご紹介したことがあるのですが、
今回改めてインプレとしてまとめ直します。


購入時期は1980年、私が高校2年の時でした。
それまでは姉のアコギを借りてコードやアルペジオ、ソロの練習をしていたのですが
さすがにアコギではバンドにも加入しにくいので・・・ベースを買う事にしました。

だって、エレキギターを弾く人は掃いて捨てるほどいましたが
ベースを『持っている』人は限りなく少なかったので、バンドに入り込むには最適でした。
※あくまでも私の場合です


購入場所は近所にあった個人経営の楽器屋さんでした。
さほど広くない店で、展示されている楽器の数もほんの数本というお店。
そこに展示されていたグレコのジャズベースモデル、JB-500に惚れたからです。

いや、正確にはグレコのカタログに載っていたモデルに惚れて、
同じ品番のものがお店にあった、というのが正解なのですが・・・

ただ、お店に置いてあったのはメイプル指板、欲しいのはローズ指板(※単純に見た目の問題です)
お店にお願いしてローズ指板のものに代えてもらい購入しました。
(製品そのものを交換したのか、あるいはネックのみ取り替えたのか不明です)


製品のスペックとしては

ボディ : アガチス
ネック : メイプル1ピース
フィンガーボード : ローズウッド
PU : PU-108ピックアップ×2

※スペックに関しては、こちらのサイトを参考にして明記しました。
http://psyco.jp/greco/c10_36.html

↑このカタログ、当時は毎日穴があくほど見ていました。


変更箇所

・ヘッドの3~4弦にテンションピン追加
・ネックの仕込み角度調整のため、ネックポケットにシムを入れる。
・ノイズ軽減のためにピックアップ、ピックガード裏に銅箔でシールド
・ストラップ抜け落ち防止の為、ストラップピンをテンションピンに変更


特徴

購入時点ではやたら弦高が高かったです。
ベースを弾くのは初めて、情報もない、周りにベーシストもいない
そういった状況だったので、何も気にすることなく教則本を見ながら練習していたのですが
どうも思ったように弾けない・・・やっぱり初心者だから仕方がないのか・・・

そう思いながら練習を続け、バンドにも加入してスタジオ練習を行っているうちに
ほかのバンドのベースを弾かせてもらったら・・・弾きやすい・・・


そのとき初めて気が付きました。うちのベースは弦高が高いということに。


早速ブリッジ調整・・・すると簡単に弦がビビってしまう
色々調べているうちにネックの仕込み角度調節を知り、早速実行。
迷うことなくネジを回してネックを外しシム(何故か新幹線の紙コップを使用)をはさみ
再びネック装着・・・何度か繰り返すうちに、ある程度弦高を下げることができました。


ピックアップの出力が小さいせいか、バンドのメンバーから
音にパワーがないと言われることが多かったです、特にハード系の場合。
今から考えると、その半分以上は私の音作りに問題があったのですが。


また、数年経って気が付いたことなのですが
このボディ・・・塗りつぶしなのを良い事に、恐らく6枚位の板を継いでいます、
このことに気が付いてから、塗りつぶしのベース(ギター)には手を出さないと
心に誓いました(※アルミボディのギター除く)


なんだかんだ言いながらも購入以来10年以上スタジオやライブ、デモテープ作成に
大活躍してくれたベースです。

その後少々お高いベースを購入したのですが、気が付けば手元に残ったのは
このベースでした。


肝心の出音ですが、こんな感じです。



ギターはGreco EG-800C(81年製)
ベースは勿論Greco JB-500

共にベリンガーBDI21(ベースDI)を通してPCに取り込みました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック