第35回なま音倶楽部終了報告 ~PA席から~ 機材・特記事項編

画像



昨日6/27(土)は私がいつもお世話になっている月一恒例アコギイベント
『なま音倶楽部(以下、なま音)』の第35回目が開催されました。

今回も私の出番前後以外でのPA(音響)を担当させていただきましたので、
PA席から見たなま音の感想を簡単ではありますがこの日記に書かせてもらいます。

※ここ最近『PA席から』の情報量が無駄に増えてきて
携帯で読みづらくなっているので『出演者インプレ編』『機材・特記事項編』に
分割することにしました。

で、こちらは『機材・特記事項編』になります。
(※出演者編はこちらになります)


今回の特記事項

・PAスピーカーを元宇品フリマで使用しているRAMSA WS-A200Wに変更

・司会&出演予定のtempari様が急病、ブルー様が事情により出演不可となったので
 オノウエ様が急遽司会を担当。
 周囲の期待を良い意味で裏切る軽快なトークは会場の雰囲気つくりに大きく貢献されたと
 思います。


・今回のBGM 『Synchronicity』 The Police


出演された皆様の使用機材
(09.06.27時点で『ギタ・コレ』サイト登録ものもをリンクしています)

1、WAT

タコ様 Cole Clark(コール・クラーク) FL1AC
ワキタ様 Takamine(タカミネ)PT-108


2、MASA

MASA様 Yamaha(ヤマハ)The FS


3、はまむら

はまむら様 Taylor(テイラー)314CE


4、オノウエ

オノウエ様 Aria(アリア)Elecord FE-50


5、箱庭楽団

たけうち Cat's Eyes(キャッツ・アイ) CE-200

~休憩~

6、セッション

MASA様 Yamaha(ヤマハ)The FS
モト様 Yamaha(ヤマハ)bass ※タコ様所有
たけうち Cat's Eyes(キャッツ・アイ) CE-200


7、浅田

浅田様 Taylor(テイラー)614CE


8、JUNO

JUN様 Godin(ゴダン)エレガット


9、Three of US

かんすけ様 Takamine(タカミネ)PTU-709N ※前半はバイオリンベース使用
ジョン様 Gibson(ギブソン)J160-E
ポール様 Höfner(ホフナー)バイオリン・ベース ※前半はタカミネ使用


10、カズ

カズ様 asturias(アストリアス)エレアコ


11、ナターシャ☆クミン

ナターシャ☆クミン様 K.Yairi(K.ヤイリ)詳細不明


12、シュガーブリザード (元myumyu&KAZU)

KAZU様 Morris(モーリス)MF-205


13、Cakoi

Cakoi様 Martin(マーチン)DM


14、k-aqua

マサチカ様 Yamaha (ヤマハ)CPX-900
カワノ様 Martin(マーチン)D-16 GT



音響機材

ミキサー、BEHRINGER UB2222FX-PRO
パワーアンプ、RAMSA WP-9220
スピーカー、RAMSA WS-A200W
リバーブ、ROLAND DEP-5

エレアコ用アンプ、MARSHALL AS50R
ベースアンプ、YAHAMA JX-25B

エレアコ用DI
・HOSA DIB307A
・L.R. Baggs Para Acoustic D.I.

ベース用DI、BEHRINGER BDI21

※モニタースピーカー無

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック