Roland DEP-5 プリセットでの音出し その2

先日アップした、エレアコのアルペジオを使用した
Roland DEP-5 プリセットでの音出しですが、聞き直して見たら少々判りにくかったので
エレアコのストロークを使用して同じ音出しをしてみました。


使用したギターの音は、先日アップした『エレアコを使って、シールド比較』で弾いたストローク。




↑この音源をDAWソフト、CubaseSX上でノーマライズ→MP3変換。
TASCAMのギタートレーナMP-GT1に取り込みヤマハのミキサーMG124cに接続し
再生したのが↓この音源です。





早速この音に前回と同じ設定のリバーブをかけてみました。

プリセット1 Natural Rebarb




・・・明らかにリバーブが掛かり過ぎていますね、やはり演奏形態によって調整がいるようです。

と、いうことでリバーブ(センドのつまみを)控えめにして、再度音出しをしてみました。


まずは純粋なリバーブ

プリセット1 Natural Rebarb




プリセット2 Concert Hall




プリセット3 Cathedral




プリセット4 Bright Room




プリセット6 Plate




プリセット7 Tolal Balance





次に、コーラス&ディレイ系

プリセット12 Chorus




プリセット13 Flange





コーラス&リバーブ系

プリセット15 Chorus Rebarb 1





楽器向け (For Instrurments)

プリセット25 Piano




プリセット26 Guitar





プレート&ホール、セッティング

プリセット30 Concert Hall #1




プリセット32 Long Hall





コーラス&リバーブ

プリセット70 Harmonized Large Hall





コーラス&ディレイ

プリセット88 Slow Chorus Echo





スペシャル、ルーム&エフェクト

プリセット94 Special Room #2





という具合になりました。
それでは、これから実際のイベントで使用できるように設定を細かく詰めていこうと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック