Roland DEP-5 基本情報

画像


20年近く前に、ギター用ディレイとして購入し、
暫く放置していたローランドのデジタルリバーブDEP-5を引っ張り出してきました。

と、言ってもギター用のエフェクターとして使用するのではなく
私がお世話になっているイベントのPA用に使ってみようかと思ったので。

基本的にネットで手に入る機材情報をわざわざ自分のブログで書き写す趣味は無いのですが
(そういうのは専門の方にお任せします。そちらの方が確実ですから)
残念ながらこのDEP-5に関してはあまり情報が集まらないようなので、簡単に書くことにしました。


・発売時期 1986年ごろ (付属マニュアル裏表紙の印行より)

・種別 デジタル・マルチ・プロセッサ (リバーブ、ノンリニアリバーブ、コーラス、ディレイ)
 ※ただし、リバーブとディレイの同時使用不可

・リバーブは Room、Hall、Plate、Spcialの4タイプと
 ノン・リニア・モードにおいてゲートリバーブ効果が得られる

・最大ディレイタイム 2000ms

・99種類のメモリー可能

・デジタル・イコライザ内蔵

・セッティングの肝となるアルゴリズムは11種類

1、コーラス効果のみ
2、リバーブ効果のみ
3、リバーブにモジュレーションがかかった効果
4、リバーブとコーラスをシリーズに結合
5、リバーブとコーラスをパラレルに結合
6、リバーブとコーラスをシリーズに結合したものと、パラレルに結合した効果
7、ノン・リニア・リバーブの効果のみ
8、ノン・リニア・リバーブにモジュレーションのかかった効果
9、ノン・リニア・リバーブとコーラスをシリーズに結合したものと、パラレルに結合した効果
10、コーラスとディレイをパラレルに結合した効果
11、密度の低いノン・リニア・リバーブにモジュレーションのかかった効果

設定の弄り方としては、まずはアルゴリズムを選択して
そこからパラメータを動かしていく、という方法になるようですね
(アルゴリズムによっては、使用できないパラメータもあります)


これをライブで使用していた頃って、パラメータ10番しか使っていませんでした・・・


と、いうことで次ページでは、実際に音を出してみることにします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • シンセサイザー奏者 愛森泉

    私はDEP-3を愛用しています。
    DEP-5は欲しいんですけどね。
    まだレコーディングには使用していませんが、大好きです。
    私のブログにDEP-3も掲載してあります。
    愛森泉ブログで検索すればあります。
    よろしくね!
    2009年05月06日 13:20
  • たけうち

    >シンセサイザー奏者 愛森泉様、はじめまして。

    レスが遅くなり、大変失礼いたしました。
    DEP-3愛用者がいらっしゃいました!
    この頃のROLANDのラック機器って、
    今の機材には無い味わいがあるような気がします。

    今後ともよろしくお願いします。
    2009年06月02日 07:33

この記事へのトラックバック