ギター側出力ジャック、ミキサー側入力ジャックの違いで音量変化

画像


ここ数日、ミキサーの入力ジャックやらギターの出力ジャックの違いによる出音変化を書いていましたが、『音量変化』が後回しになってしまいました・・・普通にミキサーを使用して音を出す状況でしたら、音量の上げ下げはPAさんが行ってくれるのでさほど気にする必要は無いと思います・・・というのが後回しになった言い訳です。

実験環境は
ギターがいつものIbanez EW20KOE (以下EW、詳細はこちら

画像


このギター、出力ジャックに標準(フォーン)以外にキャノン(XLR)ジャックを装備していますので、今回の実験が成り立ちました。

シールドに

・HIDEさんシグネイチャーシールド(標準オス~標準オス)
・カナレのフォーン・XLR変換シールド(標準オス~キャノンオス)
・島村楽器オリジナル(OFC)XLEシールド(キャノンメス~キャノンオス)

という3種のシールドを使用して

ギター側・標準ジャック → ミキサー側・標準ジャック
ギター側・標準ジャック → ミキサー側・キャノンジャック
ギター側・キャノンジャック → ミキサー側・キャノンジャック

という接続方法にて、ミキサーのゲイン&フェーダーを固定したまま音を出しPCに取り込み録音してみました。
録音に関してはDAWソフト、CubaseSXを使用しました。

画像


※ミキサーからPCへの接続などに興味のある方は、こちらを参照願います

注意:今回の出音比較はかなり音量差が激しいです。そのあたり気をつけてお聞き下さい。

画像


↓HIDEさんシグネイチャーシールド(標準オス~標準オス)を使用した
↓ギター側・標準ジャック → ミキサー側・標準ジャックという接続 (音量小さ目です)





画像


↓カナレのフォーン・XLR変換シールド(標準オス~キャノンオス)を使用した
↓ギター側・標準ジャック → ミキサー側・キャノンジャックという接続(音量中くらいです)





画像


↓島村楽器オリジナル(OFC)XLEシールド(キャノンメス~キャノンオス)を使用した
↓ギター側・キャノンジャック → ミキサー側・キャノンジャックという接続(音量大き目です)




ミキサーへの接続方法で、かなり音量が変わるのですね。


※この実験結果は私の環境で行ったものであって、全ての機材に当てはまるものではないと思われます。
 当然といえば当然の事ですが、念のため明記します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック