違うギターで同じPU、出音の違いは? その2

画像


先程アップした通り、うちのTalbo(金)正式名称Tokai Talbo A-100のセンターPU(ピックアップ)を本日YAMAHA PACIFICA(パシフィカ) 112VのアルニコシングルPUに載せ代えました。

せっかくなので、同じPUが載っているTalbo(アルミボディ)とPACIFICA(アルダーボディ)での出音を比較してみました。アンプシミュレータはYAMAHA DG-STOMPを使用しています。

※DG-STOMPからPCへの接続などに興味のある方は、こちらを参照願います


Talbo(金) ※先ほどアップしたもの(Talbo(金) ピックアップ変更 )と同じ音源です

↓アルペジオっぽい音




↓パワーコードっぽい音





PACIFICA(パシフィカ) 112V

↓アルペジオっぽい音




↓パワーコードっぽい音




音の違いに関する件は、実際にお聞きいただいた皆様にお任せします。

ちなみに録音環境ですがPCの21インチモニタを真正面にしてギターを弾いているので、かなりノイズを拾いやすい状態にあります。ですからPACIFICA(パシフィカ) 112Vの音源で聞こえるノイズは決して大きいものではなく、一般的なシングルコイルPUならば拾っても仕方が無いレベルだと思います(実際、普段PACIFICAでソロを弾く場合はモニタを切ってノイズを拾いにくくしています)
それを考えたら・・・ノイズに対するアルミボディのアドバンテージってかなりのものがあると思いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック