Talbo(金) ピックアップ変更

画像


以前の私は、フロントPU(ピックアップ)は『とにかく甘い音』が好きだったのですが、ここ最近好みが少々変わってきて、『甘さの中にも高音』を求めるようになってきました。
ここ最近のメインギター、実売3万円(+パーツ代)のYAMAHA PACIFICA(パシフィカ) 112V改(詳細はこちら)はそのあたりをクリアしているのですが、以前のメインギターTalbo(金)正式名称Tokai Talbo A-100のフロントが少々気に入らなくなってきました・・・いえ、以前はこういう音を求めていたのですが・・・やっぱり人の好みって変わるものなのですね。

早速PUの交換を考えるわけですが、私の悪い癖で『とりあえず、在る物で試してみよう』を実践してみました。
うちに在る物、すなわち以前に取り外したPACIFICA(パシフィカ) 112VのアルニコシングルPUです。

ということで、アンプシミュレータにYAMAHA DG-STOMPを使用して、簡単な出音比較をしてみました。
※DG-STOMPからPCへの接続などに興味のある方は、こちらを参照願います

今までのTalbo(金)

・フロント : Fender Japan ST-650SPL用(らしい)PU 
↓アルペジオっぽい音




↓パワーコードっぽい音





・センター : Seymour Duncan(セイモア・ダンカン) SSL-1
↓アルペジオっぽい音




↓パワーコードっぽい音





今回の変更で

・フロント : Seymour Duncan(セイモア・ダンカン) SSL-1
↓アルペジオっぽい音




↓パワーコードっぽい音





・センター : PACIFICA(パシフィカ) 112VのアルニコシングルPU
↓アルペジオっぽい音




↓パワーコードっぽい音





わずか1種類のセッティングなので、あくまでも大まかな比較にしかならないとは思いますが、
それでも何かの参考になれば幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック