YAMAHA PACIFICA 112V改 とりあえず完成

画像


(↑09.07.05現在の画像です)


画像


(↑08.03.29時点での画像です)

完全に私のメインギターになってしまったYAMAHA PACIFICA(パシフィカ) 112Vですが、価格の割には良く出来たギターだと思います。何も考えずに買ってきたままの状態でも充分使えるギターなのですが、どうせならということで少しづつ改造を加えているのは以前よりこのブログでお届けしているとおりです。
その改造も本日やっと一段落ついたので、一旦まとめる事にしました。

※ノーマル状態でのYAMAHA PACIFICA 112V 極私的インプレはこちらを参照願います

主な改造場所

・ピックアップ(以下PU)
 フロントをDimarzio(ディマジオ)のFS-1に、リアをBartolini(バルトリーニ)のLC-60に交換。
 センターPUはノーマルのままですが、位相の関係で配線を変更(ホットとアースを逆転)
 ※ノーマルPUとの出音比較に関しては、こちらを参照願います

・ボリュームをCustom CTS A250K
 5wayPUセレクタースイッチをDCT CRL 5way Switchにそれぞれ変更
 ※これは音質よりも操作性、耐久性向上が目的ですが、
  ノーマルとの出音比較に関してはこちらを参照願います

・ピックガードの裏に銅箔シールを貼る
 PU(特にFS-1)のノイズ軽減を目論みましたが、私の宅録環境である
 19インチモニター正面でギターを歪ませた際に発生するノイズに関しては
 思ったほどの効果は発揮できませんでした。
 まあ、普通に使用する際には銅箔を貼らなくてもノイズは気にならない程度なのですが。

とりあえずは、こんな感じでしばらく使用してみます。

次のページでもノーマルPUとの出音比較を行っておりますので、よろしければご覧ください。


(09.01.25 追記)

・ナットをTUSQに交換
 低価格ギターのウイークポイントの一つ、ペグを巻いた時の『キン!』という音を無くすため
 また、今以上に自分が弾き易くなるようナット高の調整の意味も込めて、
 思い切って自分でナットを削り、溝を掘ってみました。
 変更手順などはこちらを参照願います


(09.03.01 追記)

・ストラップピンをベース用テンションピンに変更
 ノーマルのストラップピンではライブ中のストラップ抜け落ちが怖いので、
 フェンダー系ベースのヘッドに付いているテンションピンに交換しました
 詳細はこちらを参照願います

・トーン用コンデンサを0.022μFのオイルコンデンサに交換
 実際にスタジオへパシフィカを持ち込み、トーン用コンデンサの出音比較を行いました
 (実験結果の詳細はこちらにて)
 上記実験結果を何度も聞き直し、コンデンサを交換しました
 (詳細はこちらにて)


(09.05.24 追記)

・フロント&センターPUをディマジオHS-3に交換

画像


 (詳細はこちらにて)


(09.06.20 追記)

・配線材をBELDEN(ベルデン)8503に変更

画像


画像


 (詳細はこちらにて)


(09.07.05 追記)

・リアピックアップを詳細不明のものに変更

画像


 (詳細はこちらにて)


(12.02.26 追記)

・ブリッジサドルのイモネジを交換 (2010.2.11)

画像


画像


(詳細はこちらにて)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

  • もっちょ

    僕もYAMAHAのパシフィカ112Vを持っていて、最近は全然使ってませんでした…ですが、ヘェンダーのテレキャスがネックが反ってきたので、久々に使おうと思って使っています!ちょうどピックアップを交換して見ようかなと思っていて検索したら見つかりました!参考になりました!ありがとうございます!
    2011年08月03日 21:02

この記事へのトラックバック