Fender Telecoustic マイク録り

画像


私のブログ内検索キーワードランキング(私調べ)堂々の1位記録更新中であるFender Telecousticですが、どうも内蔵ピエゾピックアップで3弦の音を拾いにくい症状が改善されず音源作成から少々遠のいておりましたが、新兵器クラシックプロ・CM5S導入により生音のマイク録りが可能になったので久々に音源作成に登場させました。
・・・って、つい最近もマイクテストで登場していましたが。。。

音源作成方法は、Telecousticの生音を CLASSIC PRO CM5S(ダイナミックマイク)で拾い、マイクプリアンプ代わりのUA-700(ノイズリダクション少々、イコライザすべて12時。それ以外はOFF)からオーディーインターフェースを介してPCへ送り、CubaseSXにて編集しました。
今回はバッキングとソロ、2本のギターしか入っていません。空間系エフェクターのリバーブ、ディレイ。最終的な音量稼ぎのためのリミッターはCubaseSX上でかけました。

ソロ、テイク1




ソロ、テイク2




私の音源作成の方法として、大抵の場合バッキングに合わせ何も考えずにアドリブでソロを数回弾き、その中から一番『まし』なものをアップしているのですが、今回はなんとなく2つのテイクをアップしてみました・・・大した違いは無いと思いますが。


比較のためにCubaseSXの設定そのままでIbanez EW20KOEでも弾いてみましたので参考程度に聞いてください。

画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • JIM

    Googleで”ねっとDEせっしょん”で検索したら
    Fender Telecoustic と共にコチラのブログ出てきた者です(^^)

    Fender Telecoustic の方がトレブリーに感じますね。
    Ibanez EW20KOE の方がエレガット的に感じます。
    ピックではなく指で弾いていたりして?(←極端なっ!)

    それにしてもこの曲ではプレイが冴え渡っていますね。
    アクセントの付け方が見事だと思いました。
    リズムギターもハーモニクスが効果的ですよね。

    昔、トムソンGA-10Rというアンプを愛用していた者でした。
    トムソンは最悪のブランドでしたが、アンプは最高でした。
    私の所有したアンプの中でも一番良かったと思います。
    10Wですが、友達の家の地下室で(食堂だったので)
    バンド練習(フル・ボリュームですが)にも使っていました。
    検索しても全然出てこないのが悲しい~~(^^)
    2007年12月17日 07:50
  • JIM

    こんばんわ。
    昔、トムソンのムスタングを持っていた秘密の持ち主です(汗)

    http://kimamajim.at.webry.info/200712/article_4.html
    UPされていたオケでソロを弾かせていただきました。
    エレアコを使った部分は無謀でしたけど・・・。
    幼少期にクラシック・ギターをやっていたのですが
    もっと真面目に(というか普通に)練習していれば
    よかったです・・・。
    ではでは、有難う御座いました。
    2007年12月17日 19:56
  • たけうち

    JIM様、いつもお世話になっております。
    >Googleで”ねっとDEせっしょん”で検索したら
    >Fender Telecoustic と共にコチラのブログ出てきた者です(^^)

    あ・・・コメントでそれを書かれると、また検索に引っ掛かってしまいますです(笑)
    ソロの方、お褒めいただき光栄です。
    最近、アドリブを弾くギタリストって大きく分けて3種類いるのではないかと思っております。
    一つは『理論派』コードの構成音を基にしてアドリブを広げていくタイプ。
    二つ目は『感情派』鳴っている音に合わせて感情の赴くままにフレーズを奏でるタイプ。
    そして三つ目は、フレーズが空から降りてくるのを待つ『イタコ派』
    私は間違いなく三番目だと自覚しております、はい。
    2007年12月17日 20:25
  • たけうち

    文字制限に引っ掛かってしまいました(涙)
    >検索しても全然出てこないのが悲しい~~(^^)

    これ、痛いほどよく判ります。
    ネットが登場し一般化してからの情報って比較的手に入りやすいのですが、それ以前の情報ってネットでは意外と手に入りにくかったりします。
    ですから、私も手持ちの古い機材に対する情報や音源をできるだけこのブログで残していきたいと考えております、ええ、結構マジです。
    ちなみに、私のブログ内検索キーワードランキング(くどいようですが、私調べ)の比較低上位には『YAMAHA SPX-50D』も含まれております・・・以外と情報が残ってないのですよ、こいつ。

    ソロの方、聴かせて頂きました。
    一つ目のソロ、思わず画面の前で『かっけー!』と叫んでしまいました。しかもあの甘い音色がリアPUだというのは驚きでした。私にはああいった音は到底出せません。
    二つ目のソロ、随所に顔を出すフラメンコ風フレーズに、かつてクラシックギターを習っていたという経歴が見られたのが興味深かったです。
    2007年12月17日 20:26

この記事へのトラックバック