Ibanez EW20KOE すっぴんの音

画像


先日のブログコメントに、『エフェクターを通さないIbanez EW20KOEの音』というリクエストを頂き、本日仕事が早めに終わったので早速録音しみました。

Ibanez EW20KOE(本体イコライザーの設定は上記画像のとおりです)よりベリンガーのミキサー → オーディオインターフェースを通してCubaseSXへ。普段なら音量を稼ぐためのリミッターとか下手なのを誤魔化すための空間系エフェクター(ディレイ、リバーブ)をかけるのですが、今回は一切かけておりません。

まずは、アルペジオ




そして、ストローク




リズムがヨレているとか、ピッキングのタッチが一定ではない。というのは今に始まったことではないのであえて触れないことにします(って、堂々と書いているし・・・私)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 醤油屋の弟子

    すっぴんの音聞かせてもらいました。十分参考になりました。ありがとうございました。広島でライブをされているとのこと、私は岡山ですが、規模は小さいですが年に一度野外ライブなんか企画していますので機会があればご出演下さい。ニックネームで検索して頂けたらHPにたどり着けると思います。
    2007年11月06日 12:14
  • たけうち

    醤油屋の弟子様
    参考になったようで何よりです。

    岡山でのライブ、機会がありましたら参加したく思いますので、その時にはよろしくお願いします。(って、私でよろしいのでしょうか?)
    また、よろしければ広島で私が参加している月一恒例のアコギイベント(主催者はラベンダー・ブルーの相方さんのTAさん)『なま音倶楽部』にもギターを持って遊びに来て下さい。
    ブログの方、早速拝見させて頂きます。
    2007年11月06日 21:19

この記事へのトラックバック