架空の箱庭

アクセスカウンタ

zoom RSS Gibson P100について思うこと。

<<   作成日時 : 2018/05/12 21:20  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ちょっとしたご縁でうちにやって来た
90年代のGibson Lespaul Special。

画像


レスポールスペシャルと言えば勿論P90!って思っていたのですが、
どうやらこの時期はP100(見た目はシングルコイルのP90ですが、実はスタックハム構造)
らしいというお話を聞き、へー!そーなんだー!って思いながらやり過ごしてました。

何分私の場合はP90の音が欲しい!と思ってこのギターを手にしたわけではなく
上にも書いたとおりに「ちょっとしたご縁で」やって来た訳ですから、
音さえ気に入ればP90だろうがP100だろうが関係ない訳で。


でも、ちょっとだけ気になったので確認してみました。

画像


なるほど、コイルが二重構造になっているということは
間違いなくP100なのですね。

ちなみにP100、実際に音を出した感想として、
世間一般で言われる程悪いものじゃ無いです。少なくとも私の使い方では。


ただ、P90の音を求めてしまうと違和感を感じちゃうのでしょうね。


実際、上の写真をインスタに上げたら外国のフォロワーさんが

「俺はセイモア・ダンカンのP90tサイズのスタックハムに付け替えた。
良い音だぜ!お前もP90かスタックハムに付け替えなよ!」みたいなコメントをくれました。


P100って見た目がP90と変わらないだけに、
出る音もP90を求められてしまうあたりがこのピックアップ最大の不幸なのかもって思いました。


こちらが私の環境で出した音です。




私はもうしばらく、P100のままでいようと思います。


以下、妄想文書


P100が載っているため人気が無く、比較的安価に入手できた
レスポールスペシャルを手にミュージックシーンに殴り込んだ若きカリスマが出現して
その音に魅了された多くの人がP100の載ったレスポールスペシャルを探し求め
(これまでの悪評が無かったことになり)とんでもないプレミア価格に!


なんてことになったら面白いと思いません?
その日が来るのを心待ちにします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Gibson P100について思うこと。 架空の箱庭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる