架空の箱庭

アクセスカウンタ

zoom RSS まずは現状の確認から、そういう意味でも動画は便利ですよね

<<   作成日時 : 2017/02/26 20:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

そういう訳で、自分の演奏動画を見直してみます。


2016/03/16 そら -宇宙 - / 三宅典子,箱庭楽団,エリアシ☆ピッツ original by mell



この頃は意図的にピックの持ち方を変えています。所謂握りこむ感じ。


2014/05/09 箱庭楽団 【同じ空の下で】 



この頃はアングル矯正の為、円形ピックを使用していました。


2009/03/31 ポーカロとセッション!!



とにかく力んでますね。


これらの動画を見て思う事は、どーも右手の動きが不自由な感じがします。
自由に動きたいのにがちがちに固定している感じ。


2009/05/24 YAMAHA DG-STOMP and BOSS RC-2 #1



この時は信じられないくらい良い精神状態で演奏できました。力も抜けています。



で、何の気なしに大昔の演奏動画を見てみると


1991.06.16  Org Orgel 【ロンリーナイト】 




1986年ごろ 資料用動画 TWB




今、こういうフォームでギターが弾けるように練習している訳ですが、
一体いつからがちがちになっちゃったのでしょう私は。


なんてことを言っていても始まらないので先に勧めますね。


ギターが自由に弾けない理由の一つとして、
右手をブリッジに押し付けるような感じで演奏している点があげられる気がします。
過去に遡るほどそれが感じられず、結果的に自由にギターが弾けている。
やはり見直すのはその辺しょうか?


それから、立って弾いている時の方が良い感じに見えます。


椅子に座っていくら頑張って練習しても、ステージだと立ってストラップを下げる訳で
そうなるとギター弾く際の両手の位置や角度が変わってしまいますから
経って練習したほうが良いのですよね。


その辺りのことも考慮したところ、一つの結論に達しました(続く)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
まずは現状の確認から、そういう意味でも動画は便利ですよね 架空の箱庭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる