架空の箱庭

アクセスカウンタ

help RSS PhotoGenic SG model オープンハムバッカー化

<<   作成日時 : 2009/01/17 18:38   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

画像


これは全く個人的な感想なのですが、ハムバッキングピックアップってピックアップ(PU)カバーが無い所謂『オープンハムバッカー』の方が断然格好良いと思っています(くどいようですが個人的感想です)。やっぱりロックって見た目も大事ですし・・・

という事で無事にナット交換も終了したPhotoGenic(フォトジェニック) SG model(以下PGSG)のPUカバーを外す事にしました。


手順を簡単にまとめますと


1、弦、ブリッジのスタッド、ピックガードを外す。

画像


てっきり『お弁当箱(あるいはスイミングプール)』ザグリだと思っていましたが、意外とちゃんとしたザグリでした。


2、ピックガードからPUを外す。

画像


フロントPU裏側に『N(ネック?)』の刻印、ちなみにリアPUには『B(ブリッジ?)』の刻印がありました。


3、半田ごて、カッター、マイナスドライバーを使用してPUカバーからPUを外す。

ここでびっくり!何ですかこの『蝋』の量は!!

画像


PUのハウリング対策としてコイル部を蝋付けするのは常識ですが、ここまで付けますか・・・
今までいくつかのPUカバーを外しました・・・かれこれ20年前です・・・が、ここまで凄いのは初めて見ました。


4、PUに付いた余分な蝋を落とす。(本来は予想だにしなかった作業です)


5、部品を組み付けて完成。

画像


リアPUがかなり高くセットされているので、コイル部保護の意味も兼ねて近日中にエスカッション付けようと思います。


続いて、出音のチェックにいきます。

アンプシミュレータにYAMAHA DG-STOMPを使用、ベリンガーのミキサーを経由してPCに取り込み(このあたりに興味のある方は、こちらを参照願います)クリーン、歪みのバッキング&簡単なリズム隊とソロを入れたミックスを作りました。
※PUカバー有りの音源は、前にアップした『ナット交換』と同じものです。

・クリーンな音

↓PUカバー有り



↓PUカバー無し(オープンハムバッカー)



・歪んだバッキング

↓PUカバー有り



↓PUカバー無し(オープンハムバッカー)



・ソロ&リズム隊を入れたミックス

↓PUカバー有り



↓PUカバー無し(オープンハムバッカー)




※今回のPUカバーを外す作業を行う際にネジの締めなおしや弦高&PU高調整等を行っています。
 上記音源比較は単純にPUカバーの有無、ということではなく『PUカバーを外す作業に伴う作業』という
 要素を含んでいる事、また単純に録音環境(カバー有無で録音日が違います)や
 私のテクニック不足という面もありますので、あくまでも参考程度に聞いて下さい。


最後に、今回使用した工具一式です。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして、はやしと申します。
自分もphotogenicのSGを改造しようと思ったところ、分からないところがあったので検索したところ、このブログが出てきたので、読ませていただきました。

そこで1つ質問があります。
ピックガードを外すにはスタッドの土台となっている部分を外す必要があると思いますが、はずしかたが分からなくて困っております…。
どういう器具でどうやって外したのか、覚えていらっしゃったら教えていただけないでしょうか?
はやし
2010/11/17 23:08
> はやしさん、はじめまして。

実はこのギターは既に手放しているのでうろ覚えですが、
スタッド(ブリッジの脚に当たる部分ですよね)は
通常のネジと同じように回して外せたように記憶しております。

また、もしスタッドを外されるのでしたら
その機会にピックガードのスタッドが当たる部分を
リーマーか何かで広げておくとメンテ的にも音質的にも
よろしいかと思います。

(参考資料)
http://hakoniwa.at.webry.info/200906/article_1.html
たけうち@箱庭楽団
2010/11/18 06:50
回答ありがとうございます。

それが、自分もネジ式だと勘ぐってペンチでひねってみたところ、ビクともしません…。
リーマーで穴を広げた記事も読ませていただきましたが、「・ボディにスタッドを打ち込む」と書いてあったので
もしかしたら引っこ抜かなきゃいけないんですかね…。

もうすこしいろいろ試してみようと思います。
何か思い出すことがあったら、ぜひご教示頂けるとありがたいです。
無事外すことが出来たら、穴の拡張もしようと思います。
ありがとうございました。
はやし
2010/11/18 20:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
PhotoGenic SG model オープンハムバッカー化 架空の箱庭/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]